スポンサード リンク
子供の病気「口内炎」

子供の病気にも口内炎などがあります。口内炎はウィルスや細菌の感染や、その他のことが原因となり口の中に炎症が起こってしまったものです。たとえば赤くなったり、水疱、びらん、潰瘍などができてしまいます。周りが赤くなって痛みがあったり丸い小さな潰瘍は、アフタというように呼ばれています。ウィルスの他にも色々な原因でできてしまいます。

ヘルパンギーナでは、喉の奥にできてしまいます。そして手足口病では、頬の粘膜や舌に水疱や潰瘍ができてしまうため小さいお子さんは痛がったりします。アフタのできる代表的な口内炎としてはは、ヘルペス性口内炎と再発性アフタというものがあります。ヘルペス性口内炎は1~3才頃に多い症状で単純性ヘルペスに初めて感染した時に見られる症状となります。

唇、舌、歯肉、頬の粘膜に黄白色の浅い潰瘍ができてしまい高熱と痛みのために、飲んだり食べたりすることができなくなってしまいます。歯肉が腫れてしまい出血しやすくなるので、歯肉口内炎ともよばれています。2度目以降の感染では、唇に水疱ができる反復性口唇ヘルペスという形になってしまい、これは大人でもよくみられます。

再発性アフタの場合は、唇の内側や頬の粘膜、たまに舌にできてしまいます。痛みはありますが、熱は出ないそうです。ウィルス感染やアレルギー、ストレスなどが原因となってしまいできると言われていますが、はっきりとしたことはわかっていません。アフタは1個か多くても数個くらいできてしまい、だいたい1週間ぐらいで治りますが、よく再発するようです。

子供の病気新着情報&ニュース 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース