スポンサード リンク
子供の病気「肺炎」

子供の病気に肺炎もあります。肺炎は細菌やウィルスに感染してしまったために起こります。また、マイコプラズマやクラミジアに感染してしまい肺炎を起こすこともあります。肺炎の症状は細菌性肺炎の場合は、4日以上高い熱が続いて痰の絡んだ咳が出たり、呼吸も荒くなります。レントゲン検査をおこなって肺に影が映り、ひどい時には呼吸困難を起こしてしまうこともあります。顔色が悪くなったり食欲も無くなったり、ぐったりするというようなことも見られます。

肺炎の症状で呼吸困難がひどくなり、脱水の危険があるときは、入院して治療をおこないます。肺炎球菌性肺炎の場合では、乳幼児で機能的イレウス(腸の内部に食物が滞るといった原因のほかに腸の通過が傷害されるような状態)によってり腹部膨満や腹痛などをおこす事があります。ウィルス性肺炎の場合は、乳幼児が好発年齢です。このウィルス性肺炎は冬に多くでることがあります。ほとんど無症状のものから重篤例で様々な段階のものが含まれています。

さらに細菌の二次感染が加わってしまうと、その病像は非常に多彩となってしまいます。普通は、細菌性肺炎よりも症状が軽いことが多いゆです。ただし、肺の間質という部分に炎症が起こってしまうため、呼吸困難やチアノーゼが起こる場合があります。マイコプラズマ肺炎の場合は、秋から冬に家庭内や幼稚園、学校など集団生活などから感染しやすいです。マイコプラズマ肺炎は、比較的元気なのに痰の絡んだ咳が長く続くといった症状が特徴です。

次の記事 >> 血管性紫斑病
子供の病気新着情報&ニュース 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース