スポンサード リンク
子供の病気「プール熱」

プール熱(咽頭結膜炎)という子供の病気があります。プール熱はこのような症状のときになります。たとえば急な発熱がでたときなどです。(38~40℃)発熱とともに、目の充血や涙、目やにがでてしまいます。そしてのどのはれや痛み、リンパ節のはれなどもみられます。また関節の痛みや腹痛、下痢などがみられることもあります。受診した方が良い科目は小児科です。

プール熱の病気についてですが、プール熱とは、アデノウィルスというウィルスが感染して起こってしまうそうです。だいたい6~9月頃に発生しやすくて、幼稚園児や小学生はプールでうつることが多いようです。また、せきやくしゃみを介して感染したり、便を介して目や口に感染してしまい、赤ちゃんが感染することもあります。気をつけたいですよね。アデノウイルスは、のどからだいたい2週間、便からは数週間で排出されて感染源になってしまいます。

周りにうつさないように病院に行く以外は、外出をしない方が良いでしょう。学校保健法によると症状がなくなってから、さらに2日間は登校しないようにとされているようです。登校を始めたとしても、3週間はプールにはいることはやめておいた方が良いでしょう。プール熱の予防法は、プールに入る前と後にシャワーでよく体や手、目を洗うことです。そしてタオルや洗面器、食器などを共用にしないようにすることです。また、洗濯も別にするようにしましょう。もし、目の症状が強いような場合には、眼科を受診したほうがよいでしょう。

子供の病気新着情報&ニュース 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース