スポンサード リンク
子供の病気「百日ぜき」

子供の病気で百日ぜきという病気があります。百日ぜきいは初期の症状はくしゃみや鼻水などでしだいにせきが激しくなっていきます。そして顔がむくんだり、目が赤くなったりします。コンコンと10回以上苦しそうにせき込んだりして、ヒューッと音をたてて息を吸い込むというような症状や激しいせきによるおう吐などもみられます。赤ちゃんの場合は、せきがうまくできないため苦しそうにせきこんで、呼吸を止めてしまったり(無呼吸発作)、けいれんを起こすことがあります。

もし、百日ぜきの疑いがあったら小児科をすぐに受診するようにしましょう。百日ぜきは、くしゃみやせきを介して、百日ぜき菌が感染しておこってしまいます。この疾患の場合は、母親から免疫をもらうことができないため、生まれて間もない赤ちゃんでもかかることがあります。これは赤ちゃんが小さいうちほど危険なのです。そのため、生後3ヶ月から予防接種がうけられるようになっています。最近では予防注射(三種混合ワクチンに含まれています)の普及で激減してしまいましたが、まだ地域的な流行がみられるそうです。

百日ぜきは、くしゃみや鼻水からはじまって初期段階では風邪との区別がなかなかつきません。せきが1~2週間くらい続いて、次に激しいせきの発作を起こすようになります。完全に治るまでには、1~2ヶ月くらいはかかります。経過が長いだけでなく、乳幼児が重症になると生命の危険が伴ってしまうのです。予防接種をうけることが最大の防御策なのですが、接種をする前にかかってしまった場合には、早めの対応が大切となります。かぜをひいて、せきが続いている場合には、早めに受診するとよいでしょう。

百日ぜきは早い段階で感染していることがわかれば、抗生物質を使いながら症状が出る期間を短縮させることもできるのです。
予防接種をまだ受けていない場合は、必ず医師にそのことを伝えるようにしましょう。診断の一助になりますよね。また、昼間にせきがでないと元気になったように見えるのですが、夜間に悪化することが多いので注意が必要となります。うまく呼吸できなかったり、くちびるや爪にチアノーゼがみられはじめたら、急いで病院にいき受診する必要があります。

子供の病気新着情報&ニュース 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース