スポンサード リンク
子供の偏頭痛

実はあまり認知されていませんが、子どもにも片頭痛が起こります。大人でも起きていられないほどの痛みがある片頭痛なのですが、子どもにも片頭痛が起きているのですから、対応する大人に認識や知識がないと子どもにとってはとても辛いことだとおもいます。最近になってようやく、子どもの片頭痛が一般的にもクローズアップされるようになりました。

子供の偏頭痛は大人よりは頻度は少ないですが、3~4歳くらいから頭痛は始まるようです。それくらいの年齢の子どもの場合、その頭痛を大人に上手く伝えることができません。小さい子どもは、不機嫌になってしまったり食欲がなくなったりという現象で訴えてきます。そういった場合は、大人が注意して正確な知識で対応するのが一番だとおもいます。

頭痛は実は今まで病気としてあまり認識されて来なかったと思います。日本人の3~4人に1人(約3000万人)が「頭痛持ち」で、そのうち片頭痛を持っている人は約840万人と推定されており、一般に、片頭痛は男性よりも女性が多いそうです。頭痛持ちでない人には分かりにくいのでしょうが、頭痛(片頭痛)は本人にとってはとてもにつらいものです。しかしその頭痛を病気と認識していただける医師は、まだまだ多いとはいえないようです。

頭痛の種類は大きくわけて2種類あります。頭痛は一次性頭痛(機能性頭痛)と、二次性頭痛(症候性頭痛)に分けられ、 一次性頭痛は、CTやMRI検査などで頭の検査をしても異常が認められません。これは「頭痛もち」といわれる頭痛です。二次性頭痛の場合は、脳や体の病気が原因で発症する頭痛でこの頭痛には、生命の危険を伴うこともあるため少しでも変だなと思ったら、脳神経外科で受診すたほうがよいでしょう。

次の記事 >> 頭痛について
子供の病気新着情報&ニュース 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース