スポンサード リンク
子どもの病気「腹痛」

腹痛から考えられるお子さんの病気にはどのようなものがあるのでしょうか。たとえば突然として嘔吐がはじまってしまい腹痛がともなったり、口から甘酸っぱい臭いがしたり、嘔吐が激しくなると履いたものが黄色い胃液からコーヒーのかすが混ざったようなものになってしまうといった場合には自家中毒の可能性があります。また急な発熱がでてしまい目の充血や涙がでたり、目やにがでる、喉が腫れてしまい痛みやリンパ節の腫れなどもみられる、関節が痛んだり、お腹がいたくなったり、下痢がみられるような場合にはプール熱(喉頭結膜熱)の可能性があります。

ほかにもむくみや高血圧、血尿、だるさ、尿の量がすくない、頭痛、腹痛、尿たんぱく、嘔吐などがあるばあいには急性糸球体腎炎の可能性があります。そして腹痛や嘔吐、微熱があり、腹痛ははじめのころはお腹全体がいたかったりへその辺りに感じられるが、だんだんと右下の腹部にはっきりとした痛みが感じられるようになった場合には虫垂炎の可能性が考えられます。

最後に発熱がでて、のどに痛みがはしったり赤い小さな発疹が身体にでてきたり、舌にあかいぶつぶつしたものがでてきていちごのようになったり、口の中がまっかになって唇があれてしまったり、嘔吐や腹痛、筋肉痛、関節痛、首のリンパ節が腫れてしまうといった場合には溶連菌感染症の可能性があります。お子さんに少しでも変化がみられた場合には医師に早めにかかることが大切です。

次の記事 >> 子どもの目の病気
子供の病気新着情報&ニュース 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース