スポンサード リンク
子どもの病気「下痢」

子どもの病気で下痢などをともなう病気もありますよね。細菌性の胃腸炎や急性胃腸炎、風邪症候群、食物アレルギー、乳糖不耐症、二次性乳糖不耐症などがあります。そのなかで細菌性の胃腸炎は急に下痢をしたり熱がでてきたり、うんちに血液や粘液が混じっていることがあります。急性胃腸炎の場合は、ウイルスや細菌感染によって嘔吐や下痢などの胃腸の症状がでるといった病気で乳幼児におおいのはロタウイルスによるものです。ロタウイルスは冬におおいのが特長で白色のすっぱいにおいがする下痢をしてしまうといった特徴をもっています。ほかにも小型球形ウイルスやアデノウイルスなどがあります。

細菌の場合にはサルモネラや腸炎ブビリオ、病原菌大腸菌などがあります。細菌性胃腸炎は細菌に汚染されてしまった卵や肉のほかにもミドリガメなどのペットから感染する場合もあります。嘔吐や下痢などの症状は病原体を体外へとだそうとするための身体の防御反応なのです。安静にして水分を十分にとったり消化のよい食事をとるようにしましょう。細菌性の胃腸炎の場合には原因菌にあった抗菌剤をつかうという方法があります。

子どもがロタウイルス感染症にかかってしまった場合にはウイルスが原因なので有効な治療法はないため対症療法をおこないます。特に脱水予防が中心となっています。少量の水を、回数を多く与えるようにします。補充する水分は、湯冷ましや麦茶、イオン飲料、みそ汁の上澄みなどです。柑橘系や糖分の多いものは避けるようにしましょう。

下痢や嘔吐が激しい場合には電解質が失われるためイオン飲料で補充するようにしましょう。飲めない場合は、点滴の可能性もあり脱水がひどい場合は入院しなくてはいけません。母乳の場合には授乳間隔を短くして何回も与えるようにします。ミルクは嘔吐や下痢が激しいときは止めておき再開するときは、一回の量を少なめにしましょう。

次の記事 >> 子どもの病気「腹痛」
子供の病気新着情報&ニュース 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース