スポンサード リンク
子どもの病気ヘルパンギーナ

夏風邪というと乾燥よりも湿気を好む性質があります。夏風邪は一度引いてしまうとなかなかなおらなくてしぶといという性質がありますね。このしぶとい夏風邪に子供がかかってしまうと大変ですよね。ちなみに子供がかかりやすい代表的な夏風邪といえば、「ヘルパンギーナ」があります。ヘルパンギーナはあまり聞き慣れない病名ですよね。

ヘルパンギーナは1才前後から10才までの小さな子供に多く見られる病気なのですが4才までに70%もの子供が感染するようです。あまり実感がわきませんがヘルパンギーナのほとんどはエンテロウィルスの飛沫感染によるもので咳やくしゃみでうつるということなのです。ただ流行性のものは、A群コクサッキーウイルスによるものとなります。ヘルパンギーナは突然39度の高熱がでたりしますので親御さんはびっくりするとおもいます。そして、のどの奥に小さな水ぶくれがたくさんできてしまいその水ぶくれが破れて潰瘍になったりとても苦痛を感じるようです。お子さんは痛いため機嫌が悪くなることも多いとおもいます。

よだれがたくさん出るようになるためだらしなくみえてしまいがちですが病気のせいのようです。のどが痛んだり水ぶくれもありますので飲んだり食べたりもむずかしくなります。熱は2、3日で下がりますが体がだるかったり動けないということが続くわけではないようです。けれども水ぶくれが治まるには1週間ほどかかるため飲んだり食べたりする時に不愉快な思いが続いてしまいます。しばらくは不機嫌な状態が続いてしまうかもしれません。

子供の病気新着情報&ニュース 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース