スポンサード リンク
肥満はアレルギーになりやすい?

子供が小さい頃から肥満体質で、アトピー性皮膚炎ももっているという方が、肥満だとアレルギーになりやすいと何かの話で聞いたそうです。そのことが本当なのか疑問にもっているそうです。そのことに対しての回答ですが、これまでの研究によると肥満の人は喘息をはじめ、ほかのアレルギーにもなりやすいそうです。けれども運動をすることによって肥満が解消されるとアレルギーも軽くなる可能性があると言われはじめているようです。

肥満になるということは、普段の食生活をみてみると糖分や脂肪分を多く摂っている可能性があります。そのなかでも、動物性脂肪を多く摂っている場合が高いようです。動物性脂肪を摂りすぎるとアトピーや喘息になりやすくなります。

その理由としてあげられるのは脂肪や脂肪酸といった物質はアレルギーを引き起こす化学物質の材料になるためです。体の中に脂肪や脂肪酸が余っている状態の場合はアレルギーの悪化を引き起こしやすいのです。結論として子供は、外で遊び回って食べた脂肪をきちんと燃焼させることが一番ということですよね。家のなかでテレビゲームをしたり、習い事に忙しくて外遊びをしなくなった子供たちに、アレルギー体質が増えているのは当然なのかもしれませんよね。


子供の病気新着情報&ニュース 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース