スポンサード リンク
子供に薬を飲ませる方法

子供が病気になったとき、薬を飲ませるのに一苦労するという人も、多いのではないでしょうか。中には、平気で飲んでくれるような子供もいるようです。しかし、大人でも、薬を飲むことは、決して気持ちの良いことではありません。子供が嫌がるのも無理はありません。しかし、病気をしっかり治すためには、薬を飲むことは、必要不可欠です。どうしても嫌がるという時には、どのようにして飲ませれば良いのでしょうか。

やはり、子供が好きな食べ物に、混ぜて飲ませるというのが、最も良い方法ではないかと思います。しかし、薬によっては、混ぜてはいけないものもあります。必ず、お医者さんや、薬剤師さんに、聞いてみてからにしてください。ミルクやご飯に混ぜることは、やめた方が良いでしょう。なぜなら、それによって、ミルクを飲まなくなったり、食事をしなくなったりする可能性があるからです。また、熱い食べ物や飲み物は、薬の成分が変わってしまう場合がありますので、避けるようにしてください。

ジュースや牛乳に混ぜるのにも、注意が必要です。ジュースは、種類によっては、余計に苦味が増すという場合があります。また、グレープフルーツジュースは、混ぜると副作用が心配される薬があります。避けておいた方が良いでしょう。一緒に飲むと、成分が吸収されにくくなる薬がありますので、牛乳に混ぜるのもやめましょう。

ヨーグルト、ゼリー、ジャム、プリン、ムースなどが、おすすめです。最もおすすめなのは、アイスクリームです。アイスクリームの冷たい喉ごしも良いですし、濃厚なクリームの味わいで、薬の苦さが解消できると思います。普段は、子供に与えない、ちょっと高価なハーゲンダッツなどのアイスクリームを食べさせてあげれば、子供も喜ぶのではないでしょうか。ぜひ、試してみてください。

子供の病気の豆知識 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース