スポンサード リンク
子供の病院選び

子供が病気になった時には、病院に連れて行く必要があります。しかし、病院は、当然ながら、いろいろな病気の人たちが集まる場所です。つまり、細菌やウィルスが、うようよしている場所というわけです。子供を病院に連れて行ったことで、他の病気に感染してしまったという話も、決して珍しい話ではありません。特に、インフルエンザなど、感染力の強い病気が流行している時期には、注意が必要です。

しかし、他の病気の感染を恐れて、病院に行かないなんていうことはできません。病院に行く時には、できる限り、自衛するようにしましょう。簡単にできることとしては、以下のようなことがあげられます。

・マスクをする
・お茶やあめなどを持参して、喉を潤しておく
・病院に置いてある雑誌や、ぬいぐるみなどのおもちゃには触れない
・ウェットティッシュや、濡れタオルなどを持参して、手をよく拭くようにする

病院を選ぶ時にも、注意してみましょう。

・待合室やトイレ、診察室などの清掃がきちんと行き届いている
・空気清浄機を使っている
・暖房や加湿器を利用して温度や湿度が適切にされている
・インフルエンザなどの感染症だと思われる患者さんは別の診察室に受け入れている
・受付に患者用のマスクを用意している
・自由に使える給茶機が用意されている
・診察時間外に、窓を開けてきちんと換気を行っている

以上のような事柄を、全て行っている病院は、なかなかないかもしれません。しかし、患者さんの立場に立ち、きちんと配慮されている病院を選びたいものです。

子供の病気の豆知識 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース