子供の病気の豆知識 目次
スポンサード リンク

子供が病気になった時には、病院に連れて行く必要があります。しかし、病院は、当然ながら、いろいろな病気の人たちが集まる場所です。つまり、細菌やウィルスが、うようよしている場所というわけです。子供を病院に連れて行ったことで、他の病気に感染してしまったという話も、決して珍しい話ではありません。特に、インフルエンザなど、感染力の強い病気が流行している時期には、注意が必要です。

しかし、他の病気の感染を恐れて、病院に行かないなんていうことはできません。病院に行く時には、できる限り、自衛するようにしましょう。簡単にできることとしては、以下のようなことがあげられます。

・マスクをする
・お茶やあめなどを持参して、喉を潤しておく
・病院に置いてある雑誌や、ぬいぐるみなどのおもちゃには触れない
・ウェットティッシュや、濡れタオルなどを持参して、手をよく拭くようにする

病院を選ぶ時にも、注意してみましょう。

・待合室やトイレ、診察室などの清掃がきちんと行き届いている
・空気清浄機を使っている
・暖房や加湿器を利用して温度や湿度が適切にされている
・インフルエンザなどの感染症だと思われる患者さんは別の診察室に受け入れている
・受付に患者用のマスクを用意している
・自由に使える給茶機が用意されている
・診察時間外に、窓を開けてきちんと換気を行っている

以上のような事柄を、全て行っている病院は、なかなかないかもしれません。しかし、患者さんの立場に立ち、きちんと配慮されている病院を選びたいものです。

子供が病気になったとき、薬を飲ませるのに一苦労するという人も、多いのではないでしょうか。中には、平気で飲んでくれるような子供もいるようです。しかし、大人でも、薬を飲むことは、決して気持ちの良いことではありません。子供が嫌がるのも無理はありません。しかし、病気をしっかり治すためには、薬を飲むことは、必要不可欠です。どうしても嫌がるという時には、どのようにして飲ませれば良いのでしょうか。

やはり、子供が好きな食べ物に、混ぜて飲ませるというのが、最も良い方法ではないかと思います。しかし、薬によっては、混ぜてはいけないものもあります。必ず、お医者さんや、薬剤師さんに、聞いてみてからにしてください。ミルクやご飯に混ぜることは、やめた方が良いでしょう。なぜなら、それによって、ミルクを飲まなくなったり、食事をしなくなったりする可能性があるからです。また、熱い食べ物や飲み物は、薬の成分が変わってしまう場合がありますので、避けるようにしてください。

ジュースや牛乳に混ぜるのにも、注意が必要です。ジュースは、種類によっては、余計に苦味が増すという場合があります。また、グレープフルーツジュースは、混ぜると副作用が心配される薬があります。避けておいた方が良いでしょう。一緒に飲むと、成分が吸収されにくくなる薬がありますので、牛乳に混ぜるのもやめましょう。

ヨーグルト、ゼリー、ジャム、プリン、ムースなどが、おすすめです。最もおすすめなのは、アイスクリームです。アイスクリームの冷たい喉ごしも良いですし、濃厚なクリームの味わいで、薬の苦さが解消できると思います。普段は、子供に与えない、ちょっと高価なハーゲンダッツなどのアイスクリームを食べさせてあげれば、子供も喜ぶのではないでしょうか。ぜひ、試してみてください。

子供の病気関連ニュース