スポンサード リンク
腸重積

「腸重積」という病気をご存知でしょうか。腸重積は、生後4ヶ月から2歳ごろまでの子供に多い病気です。原因は明らかにはなっていませんが、腸重責を起こした子供からは、風邪の症状を起こすアデノウィルス、または、下痢の原因になるロタウィルスなどが検出されることがあります。このため、ウィルス感染が原因ではないかと考えられています。腸重積は、突然、腸の一部が腸の中に入り込んでしまい、めり込んだ腸が締め付けられて、通過障害や血行障害を起こす病気です。そして、時間がたつと、その部分が壊死を起こしてしまいます。

腸重積の症状は、激しい腹痛が起こります。そのため、突然ひきつけるように泣き叫びます。顔面蒼白になったり、嘔吐したりすることもあります。周りの人はびっくりしてしまうと思いますが、痛みは2、3分で治まり、すぐに、ケロッとして何事もなかったかのようになります。しかし、再び腹痛におそわれ、泣き叫びます。これを、30分ほど繰り返します。また、血便が出るのも特徴的な症状です。初めは、うんちに少量の血が混じる程度です。しかし、しだいに、血の量が増えていきます。ケチャップのような血便が出ることもあります。

腸重積は、発病してから、24時間以内であれば、肛門から造影剤や空気などを注入する高圧浣腸をすることで、ほとんどの場合、治ります。しかし、発病から24時間以上たってしまっている場合、または、重症の場合には、手術が必要になることもあります。また、腸重責を起こした赤ちゃんのうち、10人に1人が再発する可能性が高いと言われています。

腸重責の治療のためには、何と言っても、早期発見が重要です。腸重責の腹痛は、普通の腹痛とはくらべものにならない程の痛みです。突然、のたうちまわって腹痛を訴えたり、繰り返し泣くようなことがあれば、大至急、病院に連れていくようにしてください。

次の記事 >> 子供の病院選び
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース