スポンサード リンク
クループ症候群

「クループ症候群」という病気があります。これは、冬に多い子供の病気です。別名を、「急性喉頭炎」ともいいます。この病気は、喉の奥の、声帯のある部分が、炎症を起こして腫れ、空気の通り道を塞いでしまうというものです。ウィルス性のものの場合は、生後6ヶ月~3才くらいの子供に多く発症し、細菌性のものは、3才~6才くらいに子供に多いという傾向があります。また、ウィルス性のものの方が、軽症で済むことが多いようです。

最初は、普通の風邪のような症状です。発熱、咳、鼻水などが、2、3日続いた後、犬がほえるような、「バウバウ」という咳が出るようになり、声が枯れてきます。さらに、ひどくなってくると、首の下や胸がへこんでしまうほど、苦しい呼吸困難の状態になっていきます。特に、夜に悪化する傾向があります。クループ症候群に感染している時は、夜間でも、すぐに病院に行けるよう、注意しておきましょう。窒息してしまうこともあるので、様子がおかしいなと感じたときは、すぐに病院で受診するようにしてください。

通常は、4日から1週間程度で回復します。自宅におけるケアとしては、通常の風邪の時と同じです。咳が多い病気なので、水分をしっかり与えるようにします。加湿器などを使って、喉の負担を少なくしてあげましょう。刺激の強い食べ物は、咳を誘発してしまうので、避けた方が良いです。冷たい食べ物や、空気もよくありません。喉に刺激を与えないように、注意してあげることが大切です。また、大泣きしたりすると、喉の安静を保つことができずに、症状が悪化してしまう場合があります。できるだけ、安静を保つことができるよう、気をつけてあげてください。

次の記事 >> 腸重積
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース