スポンサード リンク
溶連菌

「溶連菌」を、ご存知でしょうか。溶連菌とは、「溶血性連鎖球菌」を略した呼び方です。溶血性連鎖球菌が、喉などに感染して起こる病気を、まとめて溶連菌感染症と呼んでいます。

赤ちゃんがかかることは少ないです。幼児から小学生くらいの子供の間で、流行しやすい病気です。症状としては、喉の痛みと、38度以上の高熱があり、普通の風邪のような咳や鼻水などはありません。喉が真っ赤にはれて、1、2日たつと、全身に赤い発疹が出てきます。舌にも発疹ができて、いちごのように赤くなるのが特徴です。

以前は、「猩紅(しょうこう)熱」と呼ばれていました。伝染病の扱いをされていた病気ですが、現在では、抗生物質が開発されて、薬で治るようになりました。そのため、伝染病のような扱いはされなくなりました。

ペニシリンなどの抗生物質を服用すれば、数日で回復してきます。しかし、症状が良くなったからといって、油断は禁物です。溶連菌感染症は、抗生物質でしっかり対処しておかないと、腎炎、リウマチ熱、紫斑病などの合併症が心配される病気です。医師の指示のもと、薬は10日ほど、場合によっては、2週間程度は、きちんと服用するようにしましょう。治ったからといって、勝手に服用をやめないよう、注意してください。

また、たいていの場合、病院では、腎炎などの合併症をチェックするために、尿検査を行いますので、これも必ず受けるようにしましょう。普段から尿の色や量をチェックしておくのも、大切なことです。溶連菌感染症にかかってから、尿の色が濃い、量が少ないなどと感じたときには、再度受診してみるようにしてください。

次の記事 >> クループ症候群
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース