スポンサード リンク
尿路感染症

子供が発熱したときは、まず、風邪を疑うと思います。しかし、鼻水やせきなど、一般的な風邪の症状がないのに、発熱があるというときには、尿路感染症を疑う必要があります。

尿の通り道である腎臓、尿管、膀胱、尿道等に、大腸菌などの細菌が感染して、炎症を起こすという病気が、尿路感染症です。炎症を起こした場所によって、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎などと呼ばれます。しかし、赤ちゃんの場合は、感染した場所を特定できないことも多く、まとめて、尿路感染症と呼ばれています。大人や子供の膀胱炎には、排尿をした時の痛み、残尿感、腎盂腎炎には、腰痛や高熱がありますが、乳幼児の尿路感染症には、はっきりした症状がありません。風邪の症状がなく、原因不明の発熱が続く場合は、尿路感染症を疑い、なるべく早めに、診察を受けるようにしましょう。

病院では、尿検査を受けることになると思います。ただし、赤ちゃんの場合、尿をとるのはなかなか難しいでしょう。その場合は、おちんちんや外陰部に、専用のパックを貼っておきます。そして、おしっこをするのを待つということになります。

尿路感染症になっている場合は、尿にたくさんの細菌や、白血球が発見されます。そして、原因となった細菌に、効果のある抗生物質を使って治療すれば、1週間以内には治まります。しかし、尿路感染症に気づかずにいると、敗血症や髄膜炎といった、重症の病気になってしまう危険性もあります。ですから、早期に発見してあげることが大切です。

家庭での予防法としては、水分を多くとること、おしっこを我慢させないこと等があります。女の子の場合は、排尿後の、ふき方にも注意しましょう。気をつけましょう。必ず、前から後ろへ、菌を入れないようにという気持ちで、綺麗にしてあげることが大切です。

次の記事 >> 溶連菌
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース