スポンサード リンク
肺炎

肺炎とは、息を吸った時に、肺炎の菌が、気管支の先端の肺胞にまで到達してしまい、炎症を起こしている状態のことをいいます。老人がかかると、死に至ることのある、怖い病気として知られています。しかし、幼い子供がかかった時にも、注意が必要です。

「肺炎」には、細菌性のものや、ウイルス性のものなど、さまざま種類のものがあります。子供に特に多い肺炎は、「マイコプラズマ肺炎」です。マイコプラズマ肺炎とは、マイコプラズマ・ニューモニエという病原体に感染することで引き起こされる肺炎で、5歳~10歳の子供に多く見られる病気です。

症状は、発熱やせきです。他の肺炎と比較すると、軽症で済みます。発熱は、高熱が1週間近く出る場合もありますが、発熱しないという場合もあるようです。せきは、長く続きます。初めは、乾いたせきですが、次第に、たんが絡んだせきに変化していきます。くしゃみや咳で感染します。ですから、園や学校などで流行したり、家族の間でも感染したりしやすい病気です。手洗いやうがいをして、予防を徹底しましょう。

細菌性の肺炎も、乳幼児に多い肺炎です。細菌性肺炎は、肺炎球菌や、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、溶連菌などの細菌に感染することによって、引き起こされる肺炎です。普通の風邪をひいていたり、インフルエンザに感染したりしている場合には、細菌に二次感染することで起こるという場合が多いようです。重症になると、あえぐように、苦しそうになり、呼吸困難になってしまうことがあります。顔色が悪いような場合には、すぐに病院で受診するようにしましょう。

クラミジア肺炎は、6ヶ月までの赤ちゃんに特有の肺炎です。クラミジア肺炎とは、母親が、クラミジアに感染している場合、生まれるときに産道感染することによって起こる肺炎です。また、鳥からも感染することがあります。ペットとして飼っている鳥が、クラミジア病原体をもっていると、赤ちゃんにうつってしまうことがあります。軽いせきから始まりますが、次第にひどくなっていきます。そして、ゼィゼィと呼吸が苦しそうになってしまいます。熱は、微熱程度で、結膜炎を起こして、目やにが出るのが特徴です。抗生物質で治療が可能ですので、赤ちゃんの咳が気になるという場合には、早めに受診するようにしましょう。

次の記事 >> 尿路感染症
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース