スポンサード リンク
川崎病

子供の病気には、様々なものがあり、中には、未だに原因が解明されていない病気も多数あります。その中の1つに、「川崎病」という病気があります。その病名を、聞いたこともないという人も、いるかもしれません。

川崎病は、1967年、当時の日本赤十字病院の川崎富作医師が、最初に報告したことから、この名前が付けられた病気です。川崎病は、日本人や韓国人など、アジア系の人に多く見られる病気です。1才前後から5才頃までの子供に多く発症するとされています。男の子の方が、発症率はやや高く、再発することもあります。他人に感染する病気ではありません。

症状としては、以下のようなことがあります。

・39度以上の高熱が5日以上続く
・体のあちこちに発疹が出る
・手や足がパンパンにはれる
・白目が充血する
・唇が赤くなり、舌にもいちごのような赤いプツプツができる
・首のリンパ節がはれて、触ると痛がる

これらの症状は、通常、1、2週間で治まり、次に、手足の指の皮がむけてきます。注意したいのは、後遺症です。心臓に障害が残ってしまうという場合があったり、ごくまれにですが、心臓冠状動脈瘤が起きて、突然死してしまったりする場合があります。入院治療が必要とされ、心臓の後遺症を防ぐために、アスピリンなどを服用する必要があります。

「突然死」と聞くと、恐ろしくなってしまうと思います。しかし、現在では、後遺症の検査方法や治療法も検討され、以前ほど怖い病気ではなくなっています。川崎病にかかっても、慌てることなく、信頼できる病院で治療して、退院後も定期的に検査を受けるようにしましょう。

次の記事 >> 肺炎
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース