スポンサード リンク
小児喘息の治療

子供の喘息というのは、発作が起きると、とても苦しそうなので、お父さんやお母さんは、本当に心配になってしまうと思います。何とかして治してあげたいと考えられると思います。例えば、スイミングに通わせているという人も、多いのではないでしょうか。「喘息には水泳が良い」という話は、よく耳にします。なぜ、喘息には水泳が良いのでしょうか。

水泳の良いところとしては、まずは、やはり、身体が鍛えられるという点があげられると思います。水の中で歩くだけでも、十分に全身運動になるということはよく言われています。特に、運動した後に、喘息の発作が起こりやすい、運動誘発喘息の子供の場合には、身体を鍛えておくことは、とても大切なことです。運動して筋力をアップさせておくことで、発作の回数を少なくして、発作が起きても軽症に済ませることができるようになります。

運動する環境についても、水泳は、喘息を持っている子供にとって、とても適していると言えます。運動して身体を鍛えることは、確かに大切です。しかし、運動の方法を間違えると、かえって悪影響を及ぼしてしまう場合もあります。例えば、寒くて乾燥している場所で運動することが、発作を起こす原因になってしまう場合もあります。温かくて、湿気のある場所が、喘息には最適です。そう考えたとき、温水プールは、まさに最適な場所であると言えるのです。しかし、無理をするのは禁物です。適度に休憩を入れながら、適度な運動をするように心がけてください。

運動は、水泳に限らず、子供の成長にとって、とても良い影響を与えるものです。運動して体力をつければ、気持ちも前向きになり、何事にも挑戦できる強い気持ちが持てるようになります。「喘息には水泳」と、直接結びつけて考えるのではなく、精神的にも、肉体的にも良いものであり、かつ喘息改善のための1つの手段として、ぜひ考えてみていただきたいと思います。

次の記事 >> 川崎病
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース