スポンサード リンク
小児喘息の原因

子供の喘息の数は、年々増えつつあります。発作を起こすと、呼吸困難に陥ることもあり、気をつけておきたい子供の病気の1つです。

子供の喘息の原因のほとんどは、アレルギーによるものです。アレルギーは、ハウスダスト、カビ、ペットの毛、花粉などに対するアレルギーがありますが、それらに接触した時、毎回発作が起きるとは限りません。その時の子供の体調や環境によって、発作が起きやすい環境というものがあります。発作を引き起こす誘因となるものには、以下のようなものがあげられます。

・風邪をひいている時
・激しい運動をした後
・排気ガスやタバコの煙、エアースプレーを吸った時
・ストレスを感じた時
・季節の変わり目は、天気の変化
・薬

子供によって、喘息を起こしやすい環境というのは、異なります。違ってきます。親は、子供が発作を起こしやすい状況を、しっかり把握しておく必要があります。そして、発作を起こす前に、ある程度の対策をしておくことが大切です。

発作が起こってしまった時、お家でのケアの方法についても、覚えておきましょう。体を横にして寝かせると、よけいに苦しくなってしまいます。座らせたり、背中に布団などを入れたりして、できるだけ上体を高い位置に保つようにしてあげてください。また、水分も、少しずつ与えるようにしてください。お風呂には入っても良いです。ただし、体を温めると、発作がひどくなる場合があります。お風呂は短時間に、体に負担のかからない程度にしておきましょう。

衣服をゆるめてやり、できれば、腹式呼吸で、ゆっくり深呼吸させましょう。腹式呼吸が上手にできないという場合は、背中や腰をさすってあげて、呼吸を整えさせてあげてください。それでも発作がおさまらない時は、すぐに病院を受診するようにしましょう。

次の記事 >> 小児喘息の治療
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース