スポンサード リンク
小児喘息の症状

空気の通り道である気道が、炎症を起こしてしまうことで、咳が出たり、息苦しくなったりしてしまうのが、喘息の症状です。

喘息は、最初は、かわいた「コンコン」という咳が出ます。しかし、悪化してくると、咳が激しくなってきます。「ヒューヒュー」、「ゼーゼー」というような、聞いているだけでも苦しくなってくるような呼吸の音がするようになります。このとき、寝ている状態では苦しいので、起坐呼吸といって、座った状態で、肩で息をするようになります。こういった状態は、喘息の発作です。発作が起きると、呼吸ができなくなることもあります。すぐに病院で受診する必要があります。

最近は、喘息を起こす子供の数が増えています。2歳までに60%、6歳までに90%の確立で、喘息が起きていると言われています。また、男の子の方が、喘息を起こしやすいようです。全体的にみると、喘息を起こす男の数は、女の子の2倍の数になっているそうです。喘息は、通常は、大きくなるにつれて、症状は軽くなっていくものです。女の子は、小学校の高学年で、男の子は、中学2年頃には治ってくる子供が多いです。中学時代までには、半数の子供が治るとされています。

子供の喘息は、大人のものとは病態が異なります。その原因のほとんどは、アレルギーによるものです。ハウスダスト、カビ、ダニ、花粉、食べ物、動物の毛などに、アレルギー反応を示している子供が多いです。ですから、喘息の症状が起こった際には、血液検査をして、アレルギーの有無や、どういったものにアレルギー反応があるのかについて、調べる必要があります。

そして、原因が明らかになったら、それを取り除いてやることで、症状を軽くして、発作の回数を減らすことができます。例えば、ほこりやダニの原因となるじゅうたんを取り除いたり、ぬいぐるみや観葉植物を、こまめに掃除したり、動物の毛に反応している場合は、ペットを飼うことを控えたりと、できる限りのことをして、子供の喘息に対処してあげたいものです。

次の記事 >> 小児喘息の原因
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース