スポンサード リンク

空気の通り道である気道が、炎症を起こしてしまうことで、咳が出たり、息苦しくなったりしてしまうのが、喘息の症状です。

喘息は、最初は、かわいた「コンコン」という咳が出ます。しかし、悪化してくると、咳が激しくなってきます。「ヒューヒュー」、「ゼーゼー」というような、聞いているだけでも苦しくなってくるような呼吸の音がするようになります。このとき、寝ている状態では苦しいので、起坐呼吸といって、座った状態で、肩で息をするようになります。こういった状態は、喘息の発作です。発作が起きると、呼吸ができなくなることもあります。すぐに病院で受診する必要があります。

最近は、喘息を起こす子供の数が増えています。2歳までに60%、6歳までに90%の確立で、喘息が起きていると言われています。また、男の子の方が、喘息を起こしやすいようです。全体的にみると、喘息を起こす男の数は、女の子の2倍の数になっているそうです。喘息は、通常は、大きくなるにつれて、症状は軽くなっていくものです。女の子は、小学校の高学年で、男の子は、中学2年頃には治ってくる子供が多いです。中学時代までには、半数の子供が治るとされています。

子供の喘息は、大人のものとは病態が異なります。その原因のほとんどは、アレルギーによるものです。ハウスダスト、カビ、ダニ、花粉、食べ物、動物の毛などに、アレルギー反応を示している子供が多いです。ですから、喘息の症状が起こった際には、血液検査をして、アレルギーの有無や、どういったものにアレルギー反応があるのかについて、調べる必要があります。

そして、原因が明らかになったら、それを取り除いてやることで、症状を軽くして、発作の回数を減らすことができます。例えば、ほこりやダニの原因となるじゅうたんを取り除いたり、ぬいぐるみや観葉植物を、こまめに掃除したり、動物の毛に反応している場合は、ペットを飼うことを控えたりと、できる限りのことをして、子供の喘息に対処してあげたいものです。

子供の喘息の数は、年々増えつつあります。発作を起こすと、呼吸困難に陥ることもあり、気をつけておきたい子供の病気の1つです。

子供の喘息の原因のほとんどは、アレルギーによるものです。アレルギーは、ハウスダスト、カビ、ペットの毛、花粉などに対するアレルギーがありますが、それらに接触した時、毎回発作が起きるとは限りません。その時の子供の体調や環境によって、発作が起きやすい環境というものがあります。発作を引き起こす誘因となるものには、以下のようなものがあげられます。

・風邪をひいている時
・激しい運動をした後
・排気ガスやタバコの煙、エアースプレーを吸った時
・ストレスを感じた時
・季節の変わり目は、天気の変化
・薬

子供によって、喘息を起こしやすい環境というのは、異なります。違ってきます。親は、子供が発作を起こしやすい状況を、しっかり把握しておく必要があります。そして、発作を起こす前に、ある程度の対策をしておくことが大切です。

発作が起こってしまった時、お家でのケアの方法についても、覚えておきましょう。体を横にして寝かせると、よけいに苦しくなってしまいます。座らせたり、背中に布団などを入れたりして、できるだけ上体を高い位置に保つようにしてあげてください。また、水分も、少しずつ与えるようにしてください。お風呂には入っても良いです。ただし、体を温めると、発作がひどくなる場合があります。お風呂は短時間に、体に負担のかからない程度にしておきましょう。

衣服をゆるめてやり、できれば、腹式呼吸で、ゆっくり深呼吸させましょう。腹式呼吸が上手にできないという場合は、背中や腰をさすってあげて、呼吸を整えさせてあげてください。それでも発作がおさまらない時は、すぐに病院を受診するようにしましょう。

子供の喘息というのは、発作が起きると、とても苦しそうなので、お父さんやお母さんは、本当に心配になってしまうと思います。何とかして治してあげたいと考えられると思います。例えば、スイミングに通わせているという人も、多いのではないでしょうか。「喘息には水泳が良い」という話は、よく耳にします。なぜ、喘息には水泳が良いのでしょうか。

水泳の良いところとしては、まずは、やはり、身体が鍛えられるという点があげられると思います。水の中で歩くだけでも、十分に全身運動になるということはよく言われています。特に、運動した後に、喘息の発作が起こりやすい、運動誘発喘息の子供の場合には、身体を鍛えておくことは、とても大切なことです。運動して筋力をアップさせておくことで、発作の回数を少なくして、発作が起きても軽症に済ませることができるようになります。

運動する環境についても、水泳は、喘息を持っている子供にとって、とても適していると言えます。運動して身体を鍛えることは、確かに大切です。しかし、運動の方法を間違えると、かえって悪影響を及ぼしてしまう場合もあります。例えば、寒くて乾燥している場所で運動することが、発作を起こす原因になってしまう場合もあります。温かくて、湿気のある場所が、喘息には最適です。そう考えたとき、温水プールは、まさに最適な場所であると言えるのです。しかし、無理をするのは禁物です。適度に休憩を入れながら、適度な運動をするように心がけてください。

運動は、水泳に限らず、子供の成長にとって、とても良い影響を与えるものです。運動して体力をつければ、気持ちも前向きになり、何事にも挑戦できる強い気持ちが持てるようになります。「喘息には水泳」と、直接結びつけて考えるのではなく、精神的にも、肉体的にも良いものであり、かつ喘息改善のための1つの手段として、ぜひ考えてみていただきたいと思います。

子供の病気関連ニュース