スポンサード リンク
タミフルの安全性

子供にとって、最も怖い病気のひとつが、インフルエンザです。最近では、インフルエンザの特効薬とされる「タミフル」をめぐって、様々な意見があり、実際に、子供に服用させてよいのかどうか、不安に思ってしまう親御さんも多いと思います。

インフルエンザにかかってから、48時間以内にタミフルを服用すると、症状が軽く済み、回復が早いと言われています。しかし、子供が突然死したり、異常行動を起こしたりと、タミフルの安全性が疑問視されるようになりました。そして、2007年3月、タミフルの使用中止を求める声が出始めました。ところが、2007年12月の厚生労働省薬事・食品衛生審議会安全対策調査会の報告によると、タミフルを服用した時としていない時とでは、異常行動が現れる確率に違いはなく、むしろタミフルを服用した時の方が少ないとの結果が出たということです。

タミフルと異常行動との因果関係は、はっきりしないままですが、インフルエンザが発病して、2日間くらいは、子供の行動をしっかりと監視しておく必要があります。また、10歳未満の子供は、インフルエンザ自体で生死にかかわることもあります。そのため、タミフルの服用は引き続き推奨されています。

タミフルによる異常行動が問題視され始めた時期から、「リレンザ」という薬が、よく使用されるようになっています。「リレンザ」は、吸入タイプで、使い方が面倒なため、これまであまり使われていなかった薬です。しかし、タミフルと同様、インフルエンザウィルスの特効薬として使用されている薬です。

しかし、リレンザについても、タミフルと同じように、異常行動の報告がありました。そして、その因果関係ははっきりしていません。どんな薬を使うにしろ、インフルエンザにかかった時は、子供の様子や行動をしっかりと見守っておくことが大切であるということは確実です。

次の記事 >> 小児喘息の症状
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース