スポンサード リンク
インフルエンザ脳症

脳炎や脳症などの病気は、子供が、突然、意識障害を起こしたり、痙攣を起こしたりする病気です。脳炎や脳症は、インフルエンザに感染した後にかかることも多いです。インフルエンザ脳症は、毎年、数百人もの子供が発病しています。そして、死亡率は50%、後遺症が残ってしまう確率も25%にものぼるなど、大変怖い病気として知られています。

インフルエンザ脳症は、インフルエンザにかかってから、2日以内に発症することが多いです。ぐったりしてウトウトしている、呼びかけにも応じない、変な事を口走るなど、意識障害が起こり、痙攣を伴う場合もあります。熱性けいれんや、高熱時のうわごとなどとの区別が付けにくいのですが、症状の重さや、持続時間などで、区別されています。回復後も、知能や運動機能に、障害が残ってしまうことがあります。恐ろしい病気ですが、現段階では、根本的な治療法はないというのが実情です。

この病気が、100人を越えて発症しているという例は、日本にしか見られないことから、原因は何であるのか、追求されています。現在では、解熱剤が関係しているのではないかとも考えられています。日本では、これまで、熱を下げるための薬として、ボルタレンやポンタ-ルなど、解熱剤としては強すぎて、他の国では使われていない薬を使ってきました。現在では、原則として、アセトアミノフェンという薬以外は、解熱剤としては使用しないことになっています。解熱剤をもらった時には、必ず、薬の名前を確認して使うようにすると良いでしょう。また、大人や上の子供の解熱剤を、自分の判断で、勝手に使うことも避けてください。

インフルエンザ脳症を防ぐためには、こうした薬の確認、あるいは、インフルエンザの予防接種を受けておくことが、とても大切です。大切な子供の命を、守ってあげてください。

次の記事 >> タミフルの安全性
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース