スポンサード リンク
インフルエンザの予防法

寒くなってくると、子供が風邪をひかないかと、親としては、いるも気になってしまうと思います。特に、重症化する恐れのあるインフルエンザは、子供にとっては、最も注意しておかなければならない病気のひとつです。予防のためには、まずは、予防接種が第一です。しかし、それだけでは不十分です。インフルエンザや、風邪のウィルスにやられないよう、自宅で簡単にできる予防法は、いくつかありますので、ご紹介します。

まず、外から帰ったらときは、うがいと手洗いをしっかり行なうことは、とても大事なことです。
手洗いは、さっと水洗いするだけではなく、石鹸で、指の間や爪の間まで、しっかりと洗いましょう。1日5回手洗いする人は、手を洗っていない人に比べて、45%も風邪をひく人が少ないとのデータも報告されています。うがいは、のどの細菌を減らすために、出来れば1分程度すると効果的であるとされています。水道水でも効果はありますが、カテキンの殺菌作用がある紅茶や緑茶でうがいをすると、よりうがいの効果が高まります。

お部屋の中を温かくすること、そして、湿度を上げることも大切です。ウィルスを死滅させるのに最適な温度は、20度~24度、湿度は60~70%です。加湿器を使っても良いですが、霧吹きスプレーで、水を噴霧するのも効果があります。また、濡れタオルをお部屋に干しておいても、効果的です。タオルを3枚くらい干しておくと、湿度が50%程度になると言われていますので、簡単にできて、良い方法だと思います。

1日の中で、最も風邪を引きやすいのは、夜中です。朝、子供が起きてきたら、急に体調が変化していたなんていうことは、よくあることだと思います。夜中の2時から4時頃は、体が乾燥して、ウィルスが増殖しやすい時間です。寝かせる前に、温かい飲み物を飲ませておくと、予防のために効果的です。また、目が覚めたときに水分をとれるよう、枕元にお水などを置いておくのも良いと思います。

風邪の予防は、毎日のちょっとしたことで、簡単にできます。子供と一緒に、パパやママも、しっかり実践して、風邪の季節も楽しく過ごせるようにしましょう。

次の記事 >> インフルエンザ脳症
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース