スポンサード リンク
インフルエンザの予防接種

毎年、猛威を振るう怖い病気がインフルエンザですが、子供を持つ親にとっては、冬は心配な季節だと思います。毎年、数百人とも言われるインフルエンザ脳症の報告もあります。インフルエンザの重傷化を防ぐためには、予防接種が一番です。

流行する型が、はっきり分からないまま、予防接種を受けるのは効果的なのかと、疑問に思う人もいるかもしれません。しかし、インフルエンザのワクチンは、流行するウィルスの変化も予想して作られています。また、実際の型と完全に一致しなくても、症状を軽くする効果は得られます。

1才未満の赤ちゃんには、予防接種の効果は明らかではありません。感染しても、比較的軽く済むことが多いので、特に接種する必要はないと思います。13才までの子供は、ワクチンを、2回接種しておく必要があります。ワクチン接種後、2週間したら、効果が現れてきます。2回目の接種は、12月上旬までには済ませておいた方が良いでしょう。

接種間隔は、3週間か4週間が効果的です。1回目は、11月中に済ませておきましょう。シーズンになってくると、予防接種の予約は混雑してきます。人気のある病院などは、すぐに予約がいっぱいになってしまうので、接種を考えている場合は、早めに予約しておくことをおすすめします。

予防接種は、子供だけでなく、ママとパパもしておくと良いでしょう。子供だけという家庭も多いようですが、インフルエンザは、ママやパパも感染する可能性が高い病気です。特に、赤ちゃんが1才未満だったり、1才以上でも、重い卵アレルギーがあったりする子供は、予防接種を受けることができないので、そのような場合、パパやママも、しっかり接種しておくことをおすすめします。

子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース