スポンサード リンク
インフルエンザの対処法

子供や高齢者にとって、大変怖い病気の1つが、インフルエンザだと思います。それでは、インフルエンザにかかってしまったときには、どのように対処すれば良いのでしょうか。

インフルエンザになった時の、自宅でのケアとしては、風邪の時とほとんど同じです。寒いだろうと思って、厚着をさせると、ますます体温を上げてしまいます。体が熱くなって、汗が出始めたら、なるべく薄着にしてやり、風邪通しを良くしてあげてください。また、手足が冷たい時には、手袋や靴下をはかせてやりましょう。部分的に温めてあげても良いでしょう。

また、発熱や下痢のために、水分不足になってしまいます。水分補給は、とても重要です。ナトリウムなどの電解質を含んでいるイオン水などを、なるべくたくさん与えるようにしましょう。また、ビタミンCをとらせることも大切です。発症後にビタミンCをとらせると、回復が早くなります。

熱があると、すぐに解熱剤を使いたくなってしまうと思います。しかし、解熱剤は、熱が38.5分以上あり、元気がない時のみ使うようにしてください。インフルエンザウィルスは、熱が高い時に多く死滅します。解熱剤で無理に熱を下げると、ウィルスが体内に残って、動きが活発になり、かえって回復が遅れてしまうということがあります。解熱剤は、せいぜい1度くらい下げるつもりで使用しましょう。平熱まで下げるのは逆効果です。解熱剤が効きすぎている場合は、次に使う時は、量を減らして、調整しながら使用してください。解熱剤は、なるべく使わない方が良い薬と考えておいた方が良いでしょう。

熱が高くて心配であるという時は、解熱剤より、まずは、クーリングをしてみましょう。クーリングとは、体の一部を、部分的に冷やしてやることです。熱を下げるには、大きめのアイスノンや、保冷剤で、脇の下や足の付け根を、部分的に冷やしてやるととても効果的です。市販されている冷えピタで、おでこを冷やしている人も多いですが、これは、冷たくて気持ちが良いだけで、体の熱を下げる効果はほとんどありません。太い血管のある、脇の下、足の付け根、背中などを中心に、集中的に冷やしてあげてみてください。

子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース