スポンサード リンク
インフルエンザとは?

子供の病気には、さまざまなものがあります。そして、毎年、決まって流行する、注意が必要な病気のひとつが、「インフルエンザ」です。小さな子供やお年寄りは、インフルエンザから、命にかかわる病気になることもあるので、特に気をつけておく必要があります。

インフルエンザと普通の風邪は、具体的には、どう違うのかと、疑問に思う方もいると思います。風邪とインフルエンザは、ウィルスや症状などが、大きく異なります。

通常の風邪は、いろいろなウィルスが、喉や鼻などから感染してしまうことによって起こる、鼻の穴から喉の奥までの炎症のことを言います。感染は、ほとんど接触感染です。患者さんが、鼻や鼻水を触った手などに触れることにより感染します。潜伏期間は、4、5日程度です。症状は、次第に重くなっていき、熱は37度代から38度代で、鼻水や咳などの症状があります。鼻水は、透明感があるのが特徴的です。

一方、インフルエンザは、A、B、C型のインフルエンザの感染によるもので、肺や気管支などの呼吸器の病気です。空気感染なので、感染力が強いのが特徴的です。潜伏期間は、1~3日程度です。突然、38度以上の高熱が出て、寒気、筋肉痛、全身のだるさなどを伴うので、子供は不機嫌になったり、急にぐったりしてしまったりします。全身症状が出た後に、咳や鼻水の症状が出ることが多いです。鼻水は、黄色や緑色で、濁った色をしているのが特徴です。

症状は、2、3日で落ち着きます。しかし、熱は、1週間程度続きます。2日目までは、熱が高く、3日目に少し下がって、4日目や5日目にまた上がるといった、2山のパターンが多いのも特徴的です。インフルエンザの方が、症状が重くなり、合併症を引き起こす危険性もあります。インフルエンザが怪しまれる場合は、すぐに医療機関を受診するようにしてください。

子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース