スポンサード リンク

子供の病気には、さまざまなものがあります。そして、毎年、決まって流行する、注意が必要な病気のひとつが、「インフルエンザ」です。小さな子供やお年寄りは、インフルエンザから、命にかかわる病気になることもあるので、特に気をつけておく必要があります。

インフルエンザと普通の風邪は、具体的には、どう違うのかと、疑問に思う方もいると思います。風邪とインフルエンザは、ウィルスや症状などが、大きく異なります。

通常の風邪は、いろいろなウィルスが、喉や鼻などから感染してしまうことによって起こる、鼻の穴から喉の奥までの炎症のことを言います。感染は、ほとんど接触感染です。患者さんが、鼻や鼻水を触った手などに触れることにより感染します。潜伏期間は、4、5日程度です。症状は、次第に重くなっていき、熱は37度代から38度代で、鼻水や咳などの症状があります。鼻水は、透明感があるのが特徴的です。

一方、インフルエンザは、A、B、C型のインフルエンザの感染によるもので、肺や気管支などの呼吸器の病気です。空気感染なので、感染力が強いのが特徴的です。潜伏期間は、1~3日程度です。突然、38度以上の高熱が出て、寒気、筋肉痛、全身のだるさなどを伴うので、子供は不機嫌になったり、急にぐったりしてしまったりします。全身症状が出た後に、咳や鼻水の症状が出ることが多いです。鼻水は、黄色や緑色で、濁った色をしているのが特徴です。

症状は、2、3日で落ち着きます。しかし、熱は、1週間程度続きます。2日目までは、熱が高く、3日目に少し下がって、4日目や5日目にまた上がるといった、2山のパターンが多いのも特徴的です。インフルエンザの方が、症状が重くなり、合併症を引き起こす危険性もあります。インフルエンザが怪しまれる場合は、すぐに医療機関を受診するようにしてください。

子供や高齢者にとって、大変怖い病気の1つが、インフルエンザだと思います。それでは、インフルエンザにかかってしまったときには、どのように対処すれば良いのでしょうか。

インフルエンザになった時の、自宅でのケアとしては、風邪の時とほとんど同じです。寒いだろうと思って、厚着をさせると、ますます体温を上げてしまいます。体が熱くなって、汗が出始めたら、なるべく薄着にしてやり、風邪通しを良くしてあげてください。また、手足が冷たい時には、手袋や靴下をはかせてやりましょう。部分的に温めてあげても良いでしょう。

また、発熱や下痢のために、水分不足になってしまいます。水分補給は、とても重要です。ナトリウムなどの電解質を含んでいるイオン水などを、なるべくたくさん与えるようにしましょう。また、ビタミンCをとらせることも大切です。発症後にビタミンCをとらせると、回復が早くなります。

熱があると、すぐに解熱剤を使いたくなってしまうと思います。しかし、解熱剤は、熱が38.5分以上あり、元気がない時のみ使うようにしてください。インフルエンザウィルスは、熱が高い時に多く死滅します。解熱剤で無理に熱を下げると、ウィルスが体内に残って、動きが活発になり、かえって回復が遅れてしまうということがあります。解熱剤は、せいぜい1度くらい下げるつもりで使用しましょう。平熱まで下げるのは逆効果です。解熱剤が効きすぎている場合は、次に使う時は、量を減らして、調整しながら使用してください。解熱剤は、なるべく使わない方が良い薬と考えておいた方が良いでしょう。

熱が高くて心配であるという時は、解熱剤より、まずは、クーリングをしてみましょう。クーリングとは、体の一部を、部分的に冷やしてやることです。熱を下げるには、大きめのアイスノンや、保冷剤で、脇の下や足の付け根を、部分的に冷やしてやるととても効果的です。市販されている冷えピタで、おでこを冷やしている人も多いですが、これは、冷たくて気持ちが良いだけで、体の熱を下げる効果はほとんどありません。太い血管のある、脇の下、足の付け根、背中などを中心に、集中的に冷やしてあげてみてください。

毎年、猛威を振るう怖い病気がインフルエンザですが、子供を持つ親にとっては、冬は心配な季節だと思います。毎年、数百人とも言われるインフルエンザ脳症の報告もあります。インフルエンザの重傷化を防ぐためには、予防接種が一番です。

流行する型が、はっきり分からないまま、予防接種を受けるのは効果的なのかと、疑問に思う人もいるかもしれません。しかし、インフルエンザのワクチンは、流行するウィルスの変化も予想して作られています。また、実際の型と完全に一致しなくても、症状を軽くする効果は得られます。

1才未満の赤ちゃんには、予防接種の効果は明らかではありません。感染しても、比較的軽く済むことが多いので、特に接種する必要はないと思います。13才までの子供は、ワクチンを、2回接種しておく必要があります。ワクチン接種後、2週間したら、効果が現れてきます。2回目の接種は、12月上旬までには済ませておいた方が良いでしょう。

接種間隔は、3週間か4週間が効果的です。1回目は、11月中に済ませておきましょう。シーズンになってくると、予防接種の予約は混雑してきます。人気のある病院などは、すぐに予約がいっぱいになってしまうので、接種を考えている場合は、早めに予約しておくことをおすすめします。

予防接種は、子供だけでなく、ママとパパもしておくと良いでしょう。子供だけという家庭も多いようですが、インフルエンザは、ママやパパも感染する可能性が高い病気です。特に、赤ちゃんが1才未満だったり、1才以上でも、重い卵アレルギーがあったりする子供は、予防接種を受けることができないので、そのような場合、パパやママも、しっかり接種しておくことをおすすめします。

寒くなってくると、子供が風邪をひかないかと、親としては、いるも気になってしまうと思います。特に、重症化する恐れのあるインフルエンザは、子供にとっては、最も注意しておかなければならない病気のひとつです。予防のためには、まずは、予防接種が第一です。しかし、それだけでは不十分です。インフルエンザや、風邪のウィルスにやられないよう、自宅で簡単にできる予防法は、いくつかありますので、ご紹介します。

まず、外から帰ったらときは、うがいと手洗いをしっかり行なうことは、とても大事なことです。
手洗いは、さっと水洗いするだけではなく、石鹸で、指の間や爪の間まで、しっかりと洗いましょう。1日5回手洗いする人は、手を洗っていない人に比べて、45%も風邪をひく人が少ないとのデータも報告されています。うがいは、のどの細菌を減らすために、出来れば1分程度すると効果的であるとされています。水道水でも効果はありますが、カテキンの殺菌作用がある紅茶や緑茶でうがいをすると、よりうがいの効果が高まります。

お部屋の中を温かくすること、そして、湿度を上げることも大切です。ウィルスを死滅させるのに最適な温度は、20度~24度、湿度は60~70%です。加湿器を使っても良いですが、霧吹きスプレーで、水を噴霧するのも効果があります。また、濡れタオルをお部屋に干しておいても、効果的です。タオルを3枚くらい干しておくと、湿度が50%程度になると言われていますので、簡単にできて、良い方法だと思います。

1日の中で、最も風邪を引きやすいのは、夜中です。朝、子供が起きてきたら、急に体調が変化していたなんていうことは、よくあることだと思います。夜中の2時から4時頃は、体が乾燥して、ウィルスが増殖しやすい時間です。寝かせる前に、温かい飲み物を飲ませておくと、予防のために効果的です。また、目が覚めたときに水分をとれるよう、枕元にお水などを置いておくのも良いと思います。

風邪の予防は、毎日のちょっとしたことで、簡単にできます。子供と一緒に、パパやママも、しっかり実践して、風邪の季節も楽しく過ごせるようにしましょう。

脳炎や脳症などの病気は、子供が、突然、意識障害を起こしたり、痙攣を起こしたりする病気です。脳炎や脳症は、インフルエンザに感染した後にかかることも多いです。インフルエンザ脳症は、毎年、数百人もの子供が発病しています。そして、死亡率は50%、後遺症が残ってしまう確率も25%にものぼるなど、大変怖い病気として知られています。

インフルエンザ脳症は、インフルエンザにかかってから、2日以内に発症することが多いです。ぐったりしてウトウトしている、呼びかけにも応じない、変な事を口走るなど、意識障害が起こり、痙攣を伴う場合もあります。熱性けいれんや、高熱時のうわごとなどとの区別が付けにくいのですが、症状の重さや、持続時間などで、区別されています。回復後も、知能や運動機能に、障害が残ってしまうことがあります。恐ろしい病気ですが、現段階では、根本的な治療法はないというのが実情です。

この病気が、100人を越えて発症しているという例は、日本にしか見られないことから、原因は何であるのか、追求されています。現在では、解熱剤が関係しているのではないかとも考えられています。日本では、これまで、熱を下げるための薬として、ボルタレンやポンタ-ルなど、解熱剤としては強すぎて、他の国では使われていない薬を使ってきました。現在では、原則として、アセトアミノフェンという薬以外は、解熱剤としては使用しないことになっています。解熱剤をもらった時には、必ず、薬の名前を確認して使うようにすると良いでしょう。また、大人や上の子供の解熱剤を、自分の判断で、勝手に使うことも避けてください。

インフルエンザ脳症を防ぐためには、こうした薬の確認、あるいは、インフルエンザの予防接種を受けておくことが、とても大切です。大切な子供の命を、守ってあげてください。

子供にとって、最も怖い病気のひとつが、インフルエンザです。最近では、インフルエンザの特効薬とされる「タミフル」をめぐって、様々な意見があり、実際に、子供に服用させてよいのかどうか、不安に思ってしまう親御さんも多いと思います。

インフルエンザにかかってから、48時間以内にタミフルを服用すると、症状が軽く済み、回復が早いと言われています。しかし、子供が突然死したり、異常行動を起こしたりと、タミフルの安全性が疑問視されるようになりました。そして、2007年3月、タミフルの使用中止を求める声が出始めました。ところが、2007年12月の厚生労働省薬事・食品衛生審議会安全対策調査会の報告によると、タミフルを服用した時としていない時とでは、異常行動が現れる確率に違いはなく、むしろタミフルを服用した時の方が少ないとの結果が出たということです。

タミフルと異常行動との因果関係は、はっきりしないままですが、インフルエンザが発病して、2日間くらいは、子供の行動をしっかりと監視しておく必要があります。また、10歳未満の子供は、インフルエンザ自体で生死にかかわることもあります。そのため、タミフルの服用は引き続き推奨されています。

タミフルによる異常行動が問題視され始めた時期から、「リレンザ」という薬が、よく使用されるようになっています。「リレンザ」は、吸入タイプで、使い方が面倒なため、これまであまり使われていなかった薬です。しかし、タミフルと同様、インフルエンザウィルスの特効薬として使用されている薬です。

しかし、リレンザについても、タミフルと同じように、異常行動の報告がありました。そして、その因果関係ははっきりしていません。どんな薬を使うにしろ、インフルエンザにかかった時は、子供の様子や行動をしっかりと見守っておくことが大切であるということは確実です。

子供の病気関連ニュース