スポンサード リンク
結膜炎

「結膜炎」は、子供の目の病気として最も多いものです。結膜炎とは、目と、まぶたの裏側にある、目を守る役割を果たしている結膜に、ウィルスや細菌が感染してしまい、炎症を起こす病気です。結膜炎は、アレルギー性結膜炎と、ウィルスや細菌感染による結膜炎とに分けることができます。

最も多いのは、細菌による結膜炎です。子供の場合、インフルエンザ菌や、肺炎球菌などが原因で、結膜炎が起こる場合が多くあります。症状としては、白目が赤くなったり、目やにや涙が多くなったりします。また、結膜がむくんだように見えるようになります。目の様子がおかしいと感じたときは、なるべく早く眼科を受診するようにしてください。

ウィルスによる結膜炎には、アデノウィルスが原因になっている流行性結膜炎や、エンテロウィルスが原因になっている急性出血性結膜炎などがあります。

流行性結膜炎は、「はやり目」とも呼ばれるもので、感染力がとても強い病気です。流行性結膜炎と診断された場合、幼稚園や学校を休ませる必要があります。また、大人も感染する場合がありますので、家族全員がかかってしまうというケースもありますので、注意が必要です。また、赤ちゃんがかかると、まぶたに膜が張ってしまうほど、重症の結膜炎になってしまいますので、十分に注意してください。

症状としては、目やにや涙が多く出るようになり、まぶたの裏にできる小水疱のために、目を動かしたときに、ゴロゴロした違和感を感じるというのが特徴的です。患者さんの目やに、鼻水、便などからも感染するので、目やにを拭いたティッシュペーパーなどは、すぐに捨てるようにしましょう。また、タオルや枕カバーなどは、しっかりと消毒して、予防するようにしてください。

次の記事 >> インフルエンザとは?
目と耳の病気 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース