スポンサード リンク
滲出性中耳炎

中耳炎には、様々な種類のものがあります。子供の難聴の原因となる、最も多い中耳炎が、滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)というものです。

滲出性中耳炎とは、鼓膜の奥の中耳腔という場所に、滲出液という液体がたまってしまうという病気です。滲出性中耳炎は、3才から10才ごろの、子供と老人に多くみられる病気です。鼓膜のすぐ内側にうみがたまる急性中耳炎とは異なり、痛みや高熱がないのが特徴です。滲出性中耳炎にかかると、鼓膜のふるえが鈍くなるので、耳の中が詰まったようになり、聞こえにくくなります。しかし、子供は、少しくらいの難聴では、自分から訴えてくることが少ないので、発見が遅くなりがちになってしまうという問題点があります。ですから、後ろから呼んでも、なかなか返事をしなかったり、テレビの音を大きくして見たりしているような様子を目にしたときには、要注意です。

また、急性中耳炎にかかったことのある子供も、注意が必要です。滲出性中耳炎になってしまう理由は、いろいろありますが、急性中耳炎が治りきらず、うみが滲出液となり、鼓膜の内側に残ってしまうという原因が最も多いとされています。

程度が軽いときには、薬による治療や、鼻から耳に空気を送りこむ処置などで対処できます。しかし、聞こえにくくなってしまっている場合は、鼓膜切開術という手術を行う必要があります。手術と聞くと、どきっとしてしまうかもしれません。しかし、ほとんど痛みを感じることのない簡単な手術です。鼓膜の一部を切開して、内側にたまっている滲出液を吸い出し、中耳の風通しを一時的に良くするというものです。鼓膜の穴は、数日経てば自然に閉じます。また手術によって、後々、悪い影響が出るという心配も不要です。

滲出性中耳炎は、何よりも、早期発見、早期治療が重要である病気です。子供にとって、難聴が続くことは、発達に影響を及ぼすことにもなりかねません。滲出性中耳炎による難聴は、ほとんど軽度にとどまっていることが多いので、心配し過ぎることはありませんが、こういった病気もあるということは、頭に入れておいていただきたいと思います。

次の記事 >> 結膜炎
目と耳の病気 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース