スポンサード リンク
急性中耳炎

「中耳炎」とは、鼓膜の内側の中耳の粘膜に、細菌などが入り込み、炎症を起こすという病気です。中耳炎は、子供に多い耳の病気です。中耳炎には、滲出性中耳炎や、慢性中耳炎等がありますが、子供が特にかかりやすいのは、「急性中耳炎」です。

子供に中耳炎が多い理由は、子供の耳の構造と、深い関わりがあります。子供の耳管(耳と喉の境につながっている管)は、細長くて、水平に近い状態になっています。そのため、鼻や喉から細菌が入りやすくなっています。また、子供は風邪をひきやすいものです。これも、中耳炎になりやすい理由の1つです。風邪をひくと、鼻や喉の細菌が耳管を通って中耳に入り込みます。そして、このことが、急性中耳炎を起こすきっかけになってしまうことがあります。

急性中耳炎にかかると、まず、耳を痛がります。また、熱が出ることもあります。
赤ちゃんの場合、耳の痛みを訴えることができないので、機嫌が悪くなったり、耳に手をやったりするようになることがあります。いつもと様子が違うなと思ったら、中耳炎を疑ってみてください。症状が進行してしまうと、鼓膜が破れて、黄色い耳だれが出ることもあります。そうなると、耳の痛みがなくなって、熱も下がりますが、これで中耳炎が治ったわけではないので、注意が必要です。

治療法としては、症状が軽い場合には、抗生物質を飲ませて、耳の中を消毒したり、鼓膜を切ってうみを外に出したりする処置がなされます。鼓膜を切らずに、中にうみを溜めたままにしておくと、難聴気味になってしまうこともあります。ですから、とにかく早期発見、早期治療が大切です。

また、再発しやすい病気なので、痛みがなくなったり、耳だれがなくなったりしたからといって、勝手に薬の服用をやめたりしないようにしてください。症状が治まっても、炎症はまだ残っています。完全に治るまでは、必ず、お医者さんの指示通りに薬を服用させるようにしてください。

次の記事 >> 滲出性中耳炎
目と耳の病気 記事一覧
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース