目と耳の病気 目次
スポンサード リンク

「中耳炎」とは、鼓膜の内側の中耳の粘膜に、細菌などが入り込み、炎症を起こすという病気です。中耳炎は、子供に多い耳の病気です。中耳炎には、滲出性中耳炎や、慢性中耳炎等がありますが、子供が特にかかりやすいのは、「急性中耳炎」です。

子供に中耳炎が多い理由は、子供の耳の構造と、深い関わりがあります。子供の耳管(耳と喉の境につながっている管)は、細長くて、水平に近い状態になっています。そのため、鼻や喉から細菌が入りやすくなっています。また、子供は風邪をひきやすいものです。これも、中耳炎になりやすい理由の1つです。風邪をひくと、鼻や喉の細菌が耳管を通って中耳に入り込みます。そして、このことが、急性中耳炎を起こすきっかけになってしまうことがあります。

急性中耳炎にかかると、まず、耳を痛がります。また、熱が出ることもあります。
赤ちゃんの場合、耳の痛みを訴えることができないので、機嫌が悪くなったり、耳に手をやったりするようになることがあります。いつもと様子が違うなと思ったら、中耳炎を疑ってみてください。症状が進行してしまうと、鼓膜が破れて、黄色い耳だれが出ることもあります。そうなると、耳の痛みがなくなって、熱も下がりますが、これで中耳炎が治ったわけではないので、注意が必要です。

治療法としては、症状が軽い場合には、抗生物質を飲ませて、耳の中を消毒したり、鼓膜を切ってうみを外に出したりする処置がなされます。鼓膜を切らずに、中にうみを溜めたままにしておくと、難聴気味になってしまうこともあります。ですから、とにかく早期発見、早期治療が大切です。

また、再発しやすい病気なので、痛みがなくなったり、耳だれがなくなったりしたからといって、勝手に薬の服用をやめたりしないようにしてください。症状が治まっても、炎症はまだ残っています。完全に治るまでは、必ず、お医者さんの指示通りに薬を服用させるようにしてください。

中耳炎には、様々な種類のものがあります。子供の難聴の原因となる、最も多い中耳炎が、滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)というものです。

滲出性中耳炎とは、鼓膜の奥の中耳腔という場所に、滲出液という液体がたまってしまうという病気です。滲出性中耳炎は、3才から10才ごろの、子供と老人に多くみられる病気です。鼓膜のすぐ内側にうみがたまる急性中耳炎とは異なり、痛みや高熱がないのが特徴です。滲出性中耳炎にかかると、鼓膜のふるえが鈍くなるので、耳の中が詰まったようになり、聞こえにくくなります。しかし、子供は、少しくらいの難聴では、自分から訴えてくることが少ないので、発見が遅くなりがちになってしまうという問題点があります。ですから、後ろから呼んでも、なかなか返事をしなかったり、テレビの音を大きくして見たりしているような様子を目にしたときには、要注意です。

また、急性中耳炎にかかったことのある子供も、注意が必要です。滲出性中耳炎になってしまう理由は、いろいろありますが、急性中耳炎が治りきらず、うみが滲出液となり、鼓膜の内側に残ってしまうという原因が最も多いとされています。

程度が軽いときには、薬による治療や、鼻から耳に空気を送りこむ処置などで対処できます。しかし、聞こえにくくなってしまっている場合は、鼓膜切開術という手術を行う必要があります。手術と聞くと、どきっとしてしまうかもしれません。しかし、ほとんど痛みを感じることのない簡単な手術です。鼓膜の一部を切開して、内側にたまっている滲出液を吸い出し、中耳の風通しを一時的に良くするというものです。鼓膜の穴は、数日経てば自然に閉じます。また手術によって、後々、悪い影響が出るという心配も不要です。

滲出性中耳炎は、何よりも、早期発見、早期治療が重要である病気です。子供にとって、難聴が続くことは、発達に影響を及ぼすことにもなりかねません。滲出性中耳炎による難聴は、ほとんど軽度にとどまっていることが多いので、心配し過ぎることはありませんが、こういった病気もあるということは、頭に入れておいていただきたいと思います。

「結膜炎」は、子供の目の病気として最も多いものです。結膜炎とは、目と、まぶたの裏側にある、目を守る役割を果たしている結膜に、ウィルスや細菌が感染してしまい、炎症を起こす病気です。結膜炎は、アレルギー性結膜炎と、ウィルスや細菌感染による結膜炎とに分けることができます。

最も多いのは、細菌による結膜炎です。子供の場合、インフルエンザ菌や、肺炎球菌などが原因で、結膜炎が起こる場合が多くあります。症状としては、白目が赤くなったり、目やにや涙が多くなったりします。また、結膜がむくんだように見えるようになります。目の様子がおかしいと感じたときは、なるべく早く眼科を受診するようにしてください。

ウィルスによる結膜炎には、アデノウィルスが原因になっている流行性結膜炎や、エンテロウィルスが原因になっている急性出血性結膜炎などがあります。

流行性結膜炎は、「はやり目」とも呼ばれるもので、感染力がとても強い病気です。流行性結膜炎と診断された場合、幼稚園や学校を休ませる必要があります。また、大人も感染する場合がありますので、家族全員がかかってしまうというケースもありますので、注意が必要です。また、赤ちゃんがかかると、まぶたに膜が張ってしまうほど、重症の結膜炎になってしまいますので、十分に注意してください。

症状としては、目やにや涙が多く出るようになり、まぶたの裏にできる小水疱のために、目を動かしたときに、ゴロゴロした違和感を感じるというのが特徴的です。患者さんの目やに、鼻水、便などからも感染するので、目やにを拭いたティッシュペーパーなどは、すぐに捨てるようにしましょう。また、タオルや枕カバーなどは、しっかりと消毒して、予防するようにしてください。

子供の病気関連ニュース