スポンサード リンク
りんご病

りんご病は、初夏から秋にかけて、5才~9才の子供がかかりやすい病気として知られています。しかし、大人になってからでもかかることもあります。りんご病は、ヒトパルボウイルスB19という、ウイルス感染による病気です。個人差はありますが、ほっぺがりんごのように赤くなるので、りんご病いう名前が付きました。

りんご病の潜伏期間は、約1週間です。その後、軽い発熱、倦怠感、筋肉痛などが起こることがあります。風邪かな?と感じることが多く、この時点では、りんご病とは、なかなか気づかないことが多いようです。しかし、実は、この時期が、最も感染力が強い時期なのです。その後、両頬に、りんごのように赤い発疹が出てきます。発疹は、腕や足にも出始め、レース状や網目状になってきます。その後、1、2週間で発疹は治まります。

りんご病の発疹には、かゆみを伴うことがあります。かゆみが強い時は、かゆみ止めの薬を使用します。しかし、それ以外に、特に治療法はありません。安静にする必要もなく、普段通りの生活で大丈夫です。発疹が出て、りんご病だと分かった時には、既に感染力はなくなっています。ですから、園や学校なども休む必要はありません。

りんご病は、特に心配する必要のない病気と思われていますが、妊婦さんには、注意が必要です。ヒトパルボウイルスB19というウイルスは、赤血球を作る細胞を壊す働きがあります。そのため、妊婦さんがかかってしまうと、胎児の赤血球が壊されて、胎児水腫や流産、死産の原因になる危険性が指摘されているからです。

ですが、成人では、60~70%の人が抗体を持っているとされています。症状はなくても、知らないうちに免疫ができているという人も多いので、それほど心配する必要はありません。しかし、自分が抗体を持っているかどうか、はっきり分からない状態のまま、例えば上の子がりんご病にかかったり、りんご病にかかっている子供と接触したりしたという場合には、産婦人科で相談するようにしてください。

次の記事 >> 急性中耳炎
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース