スポンサード リンク
はしか

はしかは、感染力がとても強く、かかると重症化することのある病気です。そのため、小さな子供がかかると、とても心配な病気の1つです。

はしかの潜伏期間は、10~12日です。咳やくしゃみなどの飛沫感染が主ですが、空気感染する場合もあります。ですから、人ごみなどでも、簡単に感染してしまいます。

はしかは、38度前後の熱と、くしゃみ、鼻水やせき、目やになど、風邪と似たような症状から始まります。2、3日たつと、いったん熱は下がり、ほほの内側に、コプリック斑と呼ばれる、周囲が赤い小さな白いポツポツが、数個から数十個出てきます。そして、さらに、半日すると、再び39~40度の高熱が出て、耳の後ろや顔に、赤い発疹が出ます。発疹は、胸、お腹、背中から手足へと、2、3日かけて全身に広がっていきます。発疹は、最初は4、5㎜程度です。赤くて丸いものですが、次第に発疹同士がくっついてくるようになります。発疹が足先にまで広がると、2日ほどで熱が下がります。

心配なのは合併症です。肺炎、中耳炎、まれに脳炎などの合併症を引き起こすというケースもあります。重症の場合や、合併症の恐れがある場合は、入院治療が必要になります。様子がおかしいなと感じたときは、早めに受診することをおすすめします。

はしかは、予防が第一です。はしかは、予防接種を受けていない1才前後の赤ちゃんが多くかかります。予防接種を受けていない場合は、なるべく、人ごみは避けるようにしましょう。そして、1才を過ぎたら、できるだけ早く、予防接種を受けるようにしてください。また、はしかの子と接触したことが分かったときは、4、5日以内に、ガンマグロブリンを注射すれば、発病を防ぐことができます。あるいは、発症しても軽症に済ませたりすることが可能です。詳しいことについては、お医者さんに相談してみるようにしてください。

次の記事 >> りんご病
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース