スポンサード リンク
おたふく風邪

おたふく風邪とは、その名の通り、顔がおたふくのようになる、子供に多い病気です。おたふく風邪は、おたふく風邪ウィルス(ムンプスウィルス)に感染して起こる病気です。潜伏期間は、2週間程度です。感染力は比較的弱いです。そのため、感染しても症状が出ない、不顕性感染の場合もあります。特に、1才以下の乳児には、不顕性感染が多いと言われています。3~10才の子供には発症するケースが多い病気です。

症状としては、耳の下(耳下腺)から、ほお、あご、あごの両側、もしくは片側がはれて、痛みます。また、38度~39度の熱が出ることもあり、熱は、2、3日、はれや痛みは1週間ほどで治まってきます。心配なのは合併症です。無菌性髄膜炎や難聴などになることもあります。また、思春期以降にかかると、男性は睾丸炎、女性は卵巣炎を起こすという場合があります。不妊の心配がされる病気と思っている人も多いと思いますが、通常は、片方だけの炎症なので、不妊症の心配はありません。

治療方法としては、特別なことは必要ありません。はれているところを痛がっているなら、濡れタオルで冷やしたり、冷湿布をしてあげたりすると、痛みが少しは和らぎますのでよいでしょう。あごを動かすと痛いので、食事は、なるべくかまずに、簡単に飲み込めるものが良いでしょう。ゼリーやプリンなど、やわらかくて消化の良いものを与えるようにしてください。

やはり、おたふく風邪も、合併症が心配される病気です。ですから、予防接種をしておくことをおすすめします。予防接種をしていても、かかってしまう場合もあります。しかし、症状は軽く済むでしょう。1才を過ぎれば、予防接種することが可能となります。早めに計画しておきましょう。

次の記事 >> はしか
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース