スポンサード リンク
水ぼうそう

子供の病気の中でも、大変感染力が強い病気のひとつが、「水ぼうそう」です。例えば、肌が触れたり、水ぼうそうにかかっている子供とすれ違ったりしただけでも、感染してしまうほどです。生後、間もない赤ちゃんにも感染する可能性があります。兄弟や姉妹の間では、まず感染してしまうと考えた方が良いでしょう。

潜伏期間は、10日から3週間程度とされています。だいたい2週間前後のことが多いです。水ぼうそうの症状としては、37~38度の高熱が出ることがあり、同時に、赤い小さな発疹が出てきます。発疹は、全身に広がり、口の中にまで出ることがあります。最初は、小さな赤い発疹ですが、徐々に水ぶくれになり、強いかゆみもあります。水ぶくれは、2~3日でしぼんでいきます。そして、黒ずんだかさぶたになります。しかし次々に新しい発疹ができるので、全ての発疹がかさぶたになるまでには、1、2週間程度かかります。かさぶたになるまでは、他人に感染させてしまう可能性が高いので、園や学校は休ませる必要があります。

自宅でのケアとしては、軽症の時は、かゆみ止めの薬を塗る程度です。かきむしって水ぶくれをこわしてしまったりしないよう、つめは短く切っておいてください。水ぼうそうにかかった子供と接触した場合ですが、3日以内にワクチンを接種すれば、発症を予防したり、症状を軽くすることが可能だそうです。また、症状が出てから2日以内であれば、ウィルスに対する薬を飲むことで、症状が軽くなることもあるそうです。お医者さんによく相談してみましょう。

健康な子供にとって、水ぼうそうは、それほど怖い病気ではありません。しかし、先天性の免疫不全の子供、副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤を使っている子供の場合は、注意が必要です。また、水ぼうそうは、完治するまでに長い期間がかかる病気です。夫婦で働いている人など、子供が長期間休むことになると困るという方は、予防接種を受けておくことをおすすめします。

次の記事 >> おたふく風邪
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース