スポンサード リンク
とびひ

子供の皮膚病には様々なものがあります。いくつかある子供の皮膚病の中でも、こわい病気として、「とびひ」があります。とびひは、とても感染力が強く、放っておくと、家事の飛び火のように、あっという間に体のあちこちに広がってしまうことから、「とびひ」と呼ばれています。

虫さされ、湿疹、あせも、傷口などに、黄色ブドウ球菌や溶血性レンサ球菌が感染します。そして、水ぶくれやかさぶたを作ります。とてもかゆいので、子供はつい、かきむしってしまいます。しかし、かきむしると、中の菌が飛び散り、他の皮膚に感染して、次々に新しい水ぶくれを作っていきます。

とびひは、虫刺されやあせもができやすくなり、湿疹が悪化しやすい夏に多い皮膚病です。しかし、最近では、1年を通して見られるようになっているようです。菌のついた手で、他の子供に触れたり、または、プールに入ったりすると、他の子供にも感染させてしまうので、注意が必要です。

とびひになってしまったら、抗生物質を塗ったり、水ぶくれをガーゼで覆ったりするという手当てをします。このガーセで覆う作業は、覆う箇所が多い場合、とても大変です。特に、乳児の場合、じっとしていてくれませんし、幼児にとっても、ガーゼをはっておくことは苦痛です。とびひは、広がってしまう前に、早めに治療を行なうことが大変重要です。

また、抗生物質の内服も必要です。塗り薬だけでは完治しません。しっかりと飲ませましょう。数日すると、乾燥してきますが、治ったからといって、あまり早く内服を中止すると、再発する可能性がありますので、最低、1週間~10日以上は飲み続けるようにしてください。

とびひは、初めてかかる人は、とびひだとは気づかないという場合も多いです。水ぶくれやかさぶたを、何だろう?と思って、絆創膏で処置をしてしまったりしていると、逆に、菌が増殖しやすい環境を作ってしまっているということも多いようです。夏場の皮膚疾患には特に注意して、少しでもおかしいな?と思ったら、早めに医師の診察を受けるようにしてください。

次の記事 >> 水ぼうそう
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース