スポンサード リンク
あせも・おむつかぶれ

あせもは、赤ちゃんや子供に多い皮膚の病気としてよく知られていると思います。赤ちゃんや子供は、大人に比べて、とても汗っかきです。汗のかきやすい頭、首、背中などに、赤く小さなポツポツができます。そして、汗をかくとしみて、ヒリヒリした痛みがあります。汗をかいたら、こまめに肌着を取り替えてあげましょう。また、シャワーやお風呂で、きれいに洗い流してあげるようにしてください。また、あせもをかきむしってしまうと、悪化してしまいますので、爪は常に短くしておくようにしましょう。

おむつかぶれも、赤ちゃんに多くみられる皮膚病です。汚れたおむつを、長い間、当てたままにしておくと、おしりがかぶれてしまい、真っ赤になってしまいます。ですから、おむつは、こまめに取り替えて、おしりを清潔に、できるだけ乾燥させた状態にしておくよう心がけてください。

下痢をしている時は、おむつかぶれになりやすくなります。特に、注意が必要です。下痢をしていると、汚れが広範囲にわたります。そして、度重なる排便のために、おしりの皮膚は、常に刺激されている状態になります。市販のおしりふきではなく、できるだけ、ぬるま湯やオリーブオイルをコットンに染みこませたもので、丁寧にふき取ってあげるようにしましょう。大変かもしれませんが、シャワーなどで洗ってあげるようにすると、より効果的です。

おむつかぶれに似た症状の皮膚病に、カンジダ皮膚炎という炎症があります。カンジダ皮膚炎とは、カンジダというカビが繁殖して起こる皮膚病で、おむつかぶれと似たような症状になります。しかし、周囲に膿を持った発疹があったり、皮が薄くむけてしまったりします。おむつかぶれがなかなか治らないという場合は、カンジダ皮膚炎の可能性を疑った方がいいと思います。

カンジダ皮膚炎は、おむつかぶれ用の薬を塗り続けていると、逆に症状を悪化させてしまう場合がありますので注意が必要です。抗真菌剤のカンジダ専用の薬を塗り、おむつかぶれの時と同様、おしりの清潔と乾燥を心がけましょう。

次の記事 >> とびひ
子供の病気WEBガイド 新着情報

わたしたちにとって身近な病気といえば「風邪」ですよね。大人も子供も風邪をひきます。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染してしまい炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。風邪のウィルスは、250種類以上もあることをご存知ですか?そのため、一度風邪にかかったとしても、また違ったウィルスに感染してしまえば何度でもひいてしまいます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫がありますので、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではないそうです。もちろん産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要となります。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」というように心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながらだんだんと抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあり、熱が出ることもありますが、通常では、3、4日で熱は下がります。そして1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑いましょう。そして必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって簡単にうつってしまいます。

子供の病気関連ニュース