スポンサード リンク

あせもは、赤ちゃんや子供に多い皮膚の病気としてよく知られていると思います。赤ちゃんや子供は、大人に比べて、とても汗っかきです。汗のかきやすい頭、首、背中などに、赤く小さなポツポツができます。そして、汗をかくとしみて、ヒリヒリした痛みがあります。汗をかいたら、こまめに肌着を取り替えてあげましょう。また、シャワーやお風呂で、きれいに洗い流してあげるようにしてください。また、あせもをかきむしってしまうと、悪化してしまいますので、爪は常に短くしておくようにしましょう。

おむつかぶれも、赤ちゃんに多くみられる皮膚病です。汚れたおむつを、長い間、当てたままにしておくと、おしりがかぶれてしまい、真っ赤になってしまいます。ですから、おむつは、こまめに取り替えて、おしりを清潔に、できるだけ乾燥させた状態にしておくよう心がけてください。

下痢をしている時は、おむつかぶれになりやすくなります。特に、注意が必要です。下痢をしていると、汚れが広範囲にわたります。そして、度重なる排便のために、おしりの皮膚は、常に刺激されている状態になります。市販のおしりふきではなく、できるだけ、ぬるま湯やオリーブオイルをコットンに染みこませたもので、丁寧にふき取ってあげるようにしましょう。大変かもしれませんが、シャワーなどで洗ってあげるようにすると、より効果的です。

おむつかぶれに似た症状の皮膚病に、カンジダ皮膚炎という炎症があります。カンジダ皮膚炎とは、カンジダというカビが繁殖して起こる皮膚病で、おむつかぶれと似たような症状になります。しかし、周囲に膿を持った発疹があったり、皮が薄くむけてしまったりします。おむつかぶれがなかなか治らないという場合は、カンジダ皮膚炎の可能性を疑った方がいいと思います。

カンジダ皮膚炎は、おむつかぶれ用の薬を塗り続けていると、逆に症状を悪化させてしまう場合がありますので注意が必要です。抗真菌剤のカンジダ専用の薬を塗り、おむつかぶれの時と同様、おしりの清潔と乾燥を心がけましょう。

子供の皮膚病には様々なものがあります。いくつかある子供の皮膚病の中でも、こわい病気として、「とびひ」があります。とびひは、とても感染力が強く、放っておくと、家事の飛び火のように、あっという間に体のあちこちに広がってしまうことから、「とびひ」と呼ばれています。

虫さされ、湿疹、あせも、傷口などに、黄色ブドウ球菌や溶血性レンサ球菌が感染します。そして、水ぶくれやかさぶたを作ります。とてもかゆいので、子供はつい、かきむしってしまいます。しかし、かきむしると、中の菌が飛び散り、他の皮膚に感染して、次々に新しい水ぶくれを作っていきます。

とびひは、虫刺されやあせもができやすくなり、湿疹が悪化しやすい夏に多い皮膚病です。しかし、最近では、1年を通して見られるようになっているようです。菌のついた手で、他の子供に触れたり、または、プールに入ったりすると、他の子供にも感染させてしまうので、注意が必要です。

とびひになってしまったら、抗生物質を塗ったり、水ぶくれをガーゼで覆ったりするという手当てをします。このガーセで覆う作業は、覆う箇所が多い場合、とても大変です。特に、乳児の場合、じっとしていてくれませんし、幼児にとっても、ガーゼをはっておくことは苦痛です。とびひは、広がってしまう前に、早めに治療を行なうことが大変重要です。

また、抗生物質の内服も必要です。塗り薬だけでは完治しません。しっかりと飲ませましょう。数日すると、乾燥してきますが、治ったからといって、あまり早く内服を中止すると、再発する可能性がありますので、最低、1週間~10日以上は飲み続けるようにしてください。

とびひは、初めてかかる人は、とびひだとは気づかないという場合も多いです。水ぶくれやかさぶたを、何だろう?と思って、絆創膏で処置をしてしまったりしていると、逆に、菌が増殖しやすい環境を作ってしまっているということも多いようです。夏場の皮膚疾患には特に注意して、少しでもおかしいな?と思ったら、早めに医師の診察を受けるようにしてください。

子供の病気の中でも、大変感染力が強い病気のひとつが、「水ぼうそう」です。例えば、肌が触れたり、水ぼうそうにかかっている子供とすれ違ったりしただけでも、感染してしまうほどです。生後、間もない赤ちゃんにも感染する可能性があります。兄弟や姉妹の間では、まず感染してしまうと考えた方が良いでしょう。

潜伏期間は、10日から3週間程度とされています。だいたい2週間前後のことが多いです。水ぼうそうの症状としては、37~38度の高熱が出ることがあり、同時に、赤い小さな発疹が出てきます。発疹は、全身に広がり、口の中にまで出ることがあります。最初は、小さな赤い発疹ですが、徐々に水ぶくれになり、強いかゆみもあります。水ぶくれは、2~3日でしぼんでいきます。そして、黒ずんだかさぶたになります。しかし次々に新しい発疹ができるので、全ての発疹がかさぶたになるまでには、1、2週間程度かかります。かさぶたになるまでは、他人に感染させてしまう可能性が高いので、園や学校は休ませる必要があります。

自宅でのケアとしては、軽症の時は、かゆみ止めの薬を塗る程度です。かきむしって水ぶくれをこわしてしまったりしないよう、つめは短く切っておいてください。水ぼうそうにかかった子供と接触した場合ですが、3日以内にワクチンを接種すれば、発症を予防したり、症状を軽くすることが可能だそうです。また、症状が出てから2日以内であれば、ウィルスに対する薬を飲むことで、症状が軽くなることもあるそうです。お医者さんによく相談してみましょう。

健康な子供にとって、水ぼうそうは、それほど怖い病気ではありません。しかし、先天性の免疫不全の子供、副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤を使っている子供の場合は、注意が必要です。また、水ぼうそうは、完治するまでに長い期間がかかる病気です。夫婦で働いている人など、子供が長期間休むことになると困るという方は、予防接種を受けておくことをおすすめします。

おたふく風邪とは、その名の通り、顔がおたふくのようになる、子供に多い病気です。おたふく風邪は、おたふく風邪ウィルス(ムンプスウィルス)に感染して起こる病気です。潜伏期間は、2週間程度です。感染力は比較的弱いです。そのため、感染しても症状が出ない、不顕性感染の場合もあります。特に、1才以下の乳児には、不顕性感染が多いと言われています。3~10才の子供には発症するケースが多い病気です。

症状としては、耳の下(耳下腺)から、ほお、あご、あごの両側、もしくは片側がはれて、痛みます。また、38度~39度の熱が出ることもあり、熱は、2、3日、はれや痛みは1週間ほどで治まってきます。心配なのは合併症です。無菌性髄膜炎や難聴などになることもあります。また、思春期以降にかかると、男性は睾丸炎、女性は卵巣炎を起こすという場合があります。不妊の心配がされる病気と思っている人も多いと思いますが、通常は、片方だけの炎症なので、不妊症の心配はありません。

治療方法としては、特別なことは必要ありません。はれているところを痛がっているなら、濡れタオルで冷やしたり、冷湿布をしてあげたりすると、痛みが少しは和らぎますのでよいでしょう。あごを動かすと痛いので、食事は、なるべくかまずに、簡単に飲み込めるものが良いでしょう。ゼリーやプリンなど、やわらかくて消化の良いものを与えるようにしてください。

やはり、おたふく風邪も、合併症が心配される病気です。ですから、予防接種をしておくことをおすすめします。予防接種をしていても、かかってしまう場合もあります。しかし、症状は軽く済むでしょう。1才を過ぎれば、予防接種することが可能となります。早めに計画しておきましょう。

はしかは、感染力がとても強く、かかると重症化することのある病気です。そのため、小さな子供がかかると、とても心配な病気の1つです。

はしかの潜伏期間は、10~12日です。咳やくしゃみなどの飛沫感染が主ですが、空気感染する場合もあります。ですから、人ごみなどでも、簡単に感染してしまいます。

はしかは、38度前後の熱と、くしゃみ、鼻水やせき、目やになど、風邪と似たような症状から始まります。2、3日たつと、いったん熱は下がり、ほほの内側に、コプリック斑と呼ばれる、周囲が赤い小さな白いポツポツが、数個から数十個出てきます。そして、さらに、半日すると、再び39~40度の高熱が出て、耳の後ろや顔に、赤い発疹が出ます。発疹は、胸、お腹、背中から手足へと、2、3日かけて全身に広がっていきます。発疹は、最初は4、5㎜程度です。赤くて丸いものですが、次第に発疹同士がくっついてくるようになります。発疹が足先にまで広がると、2日ほどで熱が下がります。

心配なのは合併症です。肺炎、中耳炎、まれに脳炎などの合併症を引き起こすというケースもあります。重症の場合や、合併症の恐れがある場合は、入院治療が必要になります。様子がおかしいなと感じたときは、早めに受診することをおすすめします。

はしかは、予防が第一です。はしかは、予防接種を受けていない1才前後の赤ちゃんが多くかかります。予防接種を受けていない場合は、なるべく、人ごみは避けるようにしましょう。そして、1才を過ぎたら、できるだけ早く、予防接種を受けるようにしてください。また、はしかの子と接触したことが分かったときは、4、5日以内に、ガンマグロブリンを注射すれば、発病を防ぐことができます。あるいは、発症しても軽症に済ませたりすることが可能です。詳しいことについては、お医者さんに相談してみるようにしてください。

りんご病は、初夏から秋にかけて、5才~9才の子供がかかりやすい病気として知られています。しかし、大人になってからでもかかることもあります。りんご病は、ヒトパルボウイルスB19という、ウイルス感染による病気です。個人差はありますが、ほっぺがりんごのように赤くなるので、りんご病いう名前が付きました。

りんご病の潜伏期間は、約1週間です。その後、軽い発熱、倦怠感、筋肉痛などが起こることがあります。風邪かな?と感じることが多く、この時点では、りんご病とは、なかなか気づかないことが多いようです。しかし、実は、この時期が、最も感染力が強い時期なのです。その後、両頬に、りんごのように赤い発疹が出てきます。発疹は、腕や足にも出始め、レース状や網目状になってきます。その後、1、2週間で発疹は治まります。

りんご病の発疹には、かゆみを伴うことがあります。かゆみが強い時は、かゆみ止めの薬を使用します。しかし、それ以外に、特に治療法はありません。安静にする必要もなく、普段通りの生活で大丈夫です。発疹が出て、りんご病だと分かった時には、既に感染力はなくなっています。ですから、園や学校なども休む必要はありません。

りんご病は、特に心配する必要のない病気と思われていますが、妊婦さんには、注意が必要です。ヒトパルボウイルスB19というウイルスは、赤血球を作る細胞を壊す働きがあります。そのため、妊婦さんがかかってしまうと、胎児の赤血球が壊されて、胎児水腫や流産、死産の原因になる危険性が指摘されているからです。

ですが、成人では、60~70%の人が抗体を持っているとされています。症状はなくても、知らないうちに免疫ができているという人も多いので、それほど心配する必要はありません。しかし、自分が抗体を持っているかどうか、はっきり分からない状態のまま、例えば上の子がりんご病にかかったり、りんご病にかかっている子供と接触したりしたという場合には、産婦人科で相談するようにしてください。

子供の病気関連ニュース