スポンサード リンク

子供にとって、最も身近な病気といえば、「風邪」だと思います。「風邪」と呼ばれるもののほとんどは、鼻や喉にウィルスが感染して、炎症を引き起こしてしまっている状態のことを言います。

風邪のウィルスは、250種類以上もあります。そのため、一度風邪にかかっても、また違ったウィルスに感染すれば、何度でもひいてしまいます。赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまでは、お母さんの免疫があるため、風邪をひきにくい状態です。しかし、絶対にひかないというわけではありません。産まれた直後でも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。そして、高熱が出た場合は、特に注意が必要です。「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」と心配する必要はありません。赤ちゃんは、風邪をひきながら抵抗力をつけていくものなのです。

症状としては、くしゃみ、鼻水、せきなどがあります。また、熱も出ますが、通常では、3、4日で熱は下がり、1週間もすれば、症状は良くなります。38度以上の熱が、4日以上続くという場合は、風邪以外の病気も疑い、必ず病院に行くようにしてください。また、ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によって伝染するものです。咳やくしゃみによって、簡単にうつってしまいます。ですから、風邪が流行っている時期は、人が集まる場所を避けることが、一番の予防法です。

風邪には、特別な治療法はありません。ほとんどの風邪は、自然に治ります。部屋の室温や湿度を快適にして、気持ちよく休ませてあげることが重要です。また、水分の補給も大切です。しかし、離乳食の赤ちゃんには、無理強いしないようにしてください。消化の良いものを与えるようにしましょう。

冬に下痢や嘔吐がある場合、その原因となるウィルスは、7~8割が、ロタウィルスによるものであるとされています。生後5ヶ月~2才ごろまでの子供に多く見られる病気です。

主な症状は、発熱、嘔吐、下痢です。熱は、発症してから半日から1日程度で下がります。しかし、嘔吐は、2日程度、下痢は、1週間ほど続きます。1日に、5、6回ほど激しく吐いたり、お米のとぎ汁のような白っぽい下痢便が出たりするのがこの病気の特徴です。便は、1日に10回以上も出ることがあります。そして、ぐったりして元気がなくなったり、脱水症状を起こしたりすることもありますので、注意が必要です。

脱水症状を防ぐために、市販のイオン飲料などで、水分を補給してあげてください。しかし、吐き気がある時は、飲ませてもすぐに吐いてしまうことが多いようです。少量ずつ、何回にもわけて飲ませてあげてください。脱水症状がひどい時には、点滴をする必要があります。水分がとれない場合は、早めに医療機関を受診するようにしてください。

子供が嘔吐や下痢を起こすと、周囲の人は大変かもしれません。枕元に、洗面器や着替えを置くなどして、対処するようにしましょう。また、患者の便や嘔吐物の処理をする時には、十分な注意が必要です。ロタウィルスは、非常に感染力が強いウィルスです。10個以下のウィルスでも、強い感染力があります。

患者の便や嘔吐物の中には、大量のウィルスが含まれています。ですから、処理をした後には、しっかりと手洗いをしておきましょう。また、下痢の症状がなくなった後も、患者の便中には、ウィルスの排出がしばらくの間、続いています。症状が治まった後も、引き続き注意して、手洗いを徹底してください。

子供がかかりやすい夏風邪には、さまざまなものがあります。その中の1つに、「手足口病」という病気があります。手足口病の原因となるウィルスは、1種類ではありません。コクサッキーA郡ウィルス、エンテロウィルスなど、複数のウィルスが存在しています。そのため、一度だけではなく、何回も感染してしまう可能性がある病気です。手足口病は、10歳以下の乳幼児や、小児によく見られる病気です。しかし、大人でも感染することがあります。

症状は、名前の通りですが、手のひら、足の裏、口の中に、水ぶくれのような小さな発疹が出てきます。かゆみや痛みはほとんどありませんが、大人が感染した場合、痛みを感じることもあるようです。口の中の発疹については、破れて潰瘍状になるということもあります。また、潰瘍によって、痛みが生じる場合があります。そのような時は、熱いものや冷たいもの、刺激物は避け、口当たりの良い、消化の良いものを与えるようにしてください。

症状が出始めた頃には、軽い発熱、喉に痛みなどがある場合があります。そのため、食欲が落ちてしまうこともありますが、特別な治療が必要なわけではなく、自然に治る病気です。発疹があるため、他のお母さんの目が気になるかもしれません。しかし、子供が元気なら、園や学校を休ませる必要はありません。

通常は、1週間から10日ほどで治ります。重症になることもなく、合併症もほとんどない病気ですが、まれに、髄膜炎を伴うことがあります。この場合には、入院が必要です。また、ごくまれですが、急性脳炎などを引き起こして、死亡するという場合もあります。高熱、嘔吐、頭痛を訴えているという場合には、早めに医師の診察を受けるようにしてください。

「ヘルパンギーナ」は、子供がかかりやすい代表的な夏風邪です。ヘルパンギーナは、1才前後~10才までの小さな子供に多く見られる病気です。4才になるまでには、70%もの子供が感染すると言われています。ほとんどは、エンテロウィルスの飛沫感染によります。また、流行性のものの場合は、A群コクサッキーウイルスによるものです。

この病気の特徴としては、突然、39度の高熱が出ます。そして、のどの奥に、小さな水ぶくれがたくさんできます。また、水ぶくれが破れて潰瘍になり、とても痛いので、子供の機嫌が悪くなることが多いと思います。さらに、よだれがたくさん出るようになり、飲んだり食べたりもしにくくなります。熱は、2、3日で下がりますが、水ぶくれが治まるのは、1週間ほどかかります。そのため、しばらくは、不機嫌な状態が続くかもしれません。

特効薬はありません。自然に治る病気なのですが、高熱が出ることもあり、ご自宅では、水分補給を常に心がけましょう。また、すっぱいものや、しみるものは避けて、刺激の少ない、口当たりの良い食べ物を与えるようにしてください。食欲がなくても、水分だけは、しっかりとらせるようにしましょう。

40度を越す高熱が続く場合や、嘔吐したり、不機嫌な状態が長く続いたりする場合は、無菌性髄膜炎にかかっている可能性もあります。おかしいなと思ったら、早めに医師の診察を受けましょう。

発熱してから2、3日までが、最も感染しやすい時期です。兄弟がいる場合など、周囲の人は注意が必要です。予防ために、手洗いをしっかりと行ってください。また、患者のタオルは別にしておいた方が良いでしょう。患者の便には、感染してから、1ヶ月程度の期間は、ウィルスが出ている可能性があります。治ってからも、しばらくの間は、おむつ交換の時など、手に触れた後はしっかりと手洗いをしておく必要があります。

子供の病気関連ニュース